在籍確認なしのカードローンはあるのか?誰にもバレずに借りる方法

更新日:

カードローンを利用することを誰にも知られたくない!
カードローンに申し込みをする人は誰でもそう考えるでしょう。

誰にもバレずにカードローンを利用するための最大の障壁が「在籍確認」だともいえますが、在籍確認なしで済ませられるカードローンはあるのでしょうか?

今回は、在籍確認でカードローンへの申し込みがバレないためにはどうすればよいかについて解説します。

カードローン審査の「在籍確認」とは?

カードローンの審査では「在籍確認」が行われますが、この在籍確認、いったいどのようなことをするのでしょうか?

在籍確認では申込者が申告通りの勤務先に在籍しているかを確認する

在籍確認とは、カードローン審査の申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているか
を確認することで、返済能力があるかどうかを判断する審査手続きをいいます。

カードローン会社は、申込者に返済能力があることを「安定した収入があるかどうか」で判断します。

そこで、申込者が本当に収入を得ているかどうかを調べるために、申込者の勤務先に直接電話連絡をしたり保険証や給与明細などの提出を求めたりして、申込者が確かに定職に就いて収入を得ていることを確認するのですね。

在籍確認は電話連絡が主流

在籍確認の方法は

  • 勤務先への電話連絡によるもの
  • 書類の提出によるもの

の2種類がありますが、ほとんどのカードローン会社では電話連絡による在籍確認を行っています。

それは、申込者が申告した勤務先に直接電話連絡をする方が手間がかからず、また勤務先に勤めていることを確認しやすいからです。

健康保険証や給与明細書などの書類は偽造や改ざんができてしまうため、多くのカードローン会社ではやむを得ない理由がある場合にのみ、書類による在籍確認を行っています。

でも、自分の勤務先にカードローン会社から直接電話連絡が入るというのは、あまり気持ちのいいものではありませんし、万一カードローンに申し込みをしたことが会社の上司や同僚に知られてしまったらと不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

在籍確認でカードローン利用がバレることはない

カードローン審査の際の在籍確認では、カードローン審査の在籍確認であることはもちろん、会社名を出すことも一切ありません。

在籍確認ってどんな感じ?

カードローン会社の担当者は、
「私、△△と申しますが、○○さんはいらっしゃいますでしょうか?」
といった具合に、知人を装って電話連絡をしてきますので、カードローンの在籍確認であることがバレる可能性は非常に低いです。

また、在籍確認は申込者本人が勤務先に勤めていることが確認できればいいわけですから、電話話連絡時に申込者本人が不在でももちろん構いません。

「ただいま○○は席を外しております」
という返答が返ってこれば、申込者本人がその会社に勤務していることは確認できるからです。

一方、銀行カードローンの場合は銀行名を名乗って電話連絡をしてくるケースが多いですが、銀行名を名乗った銀行名義での電話連絡が都合が悪いのであれば、個人名での電話連絡も可能です。

在籍確認はどの程度融通が利く?

その他、在籍確認の電話連絡をしてくる時間帯や担当者の性別を指定できることもあります。

勤務先に異性からの個人的な電話連絡があるのは非常に困るという人や、在籍確認時にはできるだけ席を外していたいという人は珍しくなく、カードローン会社もできる範囲内で希望に応じてくれるのですね。

カードローン審査に申し込みをすると、たいてい1時間以内には本人確認のための電話連絡が入りますので、在籍確認について相談をしたい場合はこの時に希望を伝えてみるとよいでしょう。

基本的にカードローン審査では在籍確認なしにすることはできない

在籍確認の電話連絡でカードローンの利用がバレることはないといいますが、それでもやっぱり心配だという人もいるでしょう。

そのような場合、在籍確認なしで審査を済ますことはできないのでしょうか?

在籍確認はカードローン審査の重要な手続き

カードローン会社は、融資をする際には必ず審査を行わなければならないと法律で定められています。

また、カードローン審査の目的は申込書に返済能力があるかをチェックすることにありますから、やはり在籍確認はどうしても必要なのです。

特に、消費者金融では総量規制の関係で無職の人にはお金を貸せないことになっていますので、申込書に書かれている通りの勤務先に本当に申込者が勤めているかどうかを確認する在籍確認は欠かすことのできない大変重要な手続きだといえるでしょう。

また、銀行カードローンなら総量規制外の扱いですが、消費者金融よりも厳しく返済能力をチェックする傾向にあります。

申込者がどの程度の規模の会社に勤めていてどのくらいの収入があるかを確認する在籍確認を「なし」にすることは、やはりできないのです。

「在籍確認なし」と宣伝していたら違法業者の可能性

先に触れたように、カードローン会社は申込者に返済能力があるかどうかを必ず審査しなければならないことになっています。

在籍確認は審査の過程でどうしても必要

返済能力があるかを判断するためには、

  • 申込者が申告した勤務先が本当に実在しているか
  • 申込者がその勤務先に確かに勤めているか

を確認しなければならなりませんから、どうしても在籍確認を行う必要があるのです。

このように、カードローン審査にはどのような形であれ在籍確認はつきものですから、「在籍確認なしで融資OK」などとうたっている業者には注意しなければなりません。

在籍確認なしでいいということは、実質的に審査なしで済ませてしまうということを意味します。

在籍確認なしの業者は違法業者!

もともと、在籍確認は電話によるものだけとは限りませんし、電話以外の方法での在籍確認をしている業者はいくらでもあります。

それなのにわざわざ「在籍確認なし」といい切ってしまうのは、本来しなければならない手続きを省いているということに他なりません。

そのようなことを宣伝している業者は違法業者の可能性がありますので、近寄らないようにしましょう。

中小消費者金融でも在籍確認は必ず行われる

審査基準が緩やかだといわれる中小消費者金融でも、在籍確認は必ず行われているのでしょうか?

中小消費者金融は大手消費者金融より審査が柔軟

中小消費者金融は、大手消費者金融の審査に通過できなかった人に対しても融資を行っています。

過去5年以内にブラックリスト入りした経験があれば、大手消費者金融ではまず審査に通過することはありませんが、中小消費者金融ならそうした人でも審査に通過できる可能性があります。

それは、中小消費者金融では過去のブラック履歴より現在の返済能力を重視する傾向にあるからなのですね。

そのような柔軟な審査を行っている中小消費者金融なら、もしかして在籍確認なしでも審査に通過できるのではと考える人もいるかもしれません。

中小消費者金融では現在の職場への在籍確認が必須

審査基準が緩いといわれる中小消費者金融なら、在籍確認なしでも審査通過できそうな気もしますが、大手消費者金融と比べてより現在の返済能力を重視しているのが実は中小消費者金融なのです。

在籍確認を重視するという点では大手消費者金融以上だといえるでしょう。

大手消費者金融などは条件によっては書類による在籍確認でもOK

実際、中小消費者金融ではそのほとんどが勤務先への電話による在籍確認を必須としています。

銀行カードローンや大手消費者金融の審査は、スコアリング審査と信用情報を重視する傾向にあります。

要するに、これまで継続して安定した収入があって、なおかつ返済トラブルを起こしたことがないということが最も重視されます。

在籍確認は本当に最終的な確認だと位置付けられていますから、条件次第では書類による確認でも OK としている金融機関があるのです。

中小消費者金融は在籍確認必須!

ところが、中小消費者金融家の審査では、過去の返済状況よりも今現在返済能力があるかどうかが最も重視されます。

今現在返済能力があるかどうかを判断するには、安定した収入を得ていることを確認するのが一番手っ取り早いです。

ですから、在籍確認だけはどうしても欠かせません。

むしろ、在籍確認によって確実に安定した収入があることが確認できなければ、中小消費者金融では借入できないでしょう。

中小消費者金融の審査が柔軟というのは審査が甘いのではなく、銀行カードローンや大手消費者金融とは審査において重視しているポイントが異なるというだけの話なのです。

在籍確認をスムーズに終わらせるコツ

職場で電話をかける女性

では、ここまでご紹介した「在籍確認」をスムーズ終わらせるコツや注意点はあるのでしょうか?

在籍確認が終わらないと審査自体が完了しませんし、ここでつまずくと限度額を減らされたり、即日審査にも影響を及ぼす可能性もあります。

①申込時の勤務先電話番号入力に注意する

在籍確認をスムーズに終わらせる一つ目のポイントは、「申込時に入力する勤務先の電話番号に注意する」という点です。

特に、ある程度の大きな企業に勤務している場合は、本社の電話番号を入力したり、会社のコールセンターの電話番号を入力したりすると、一従業員の所在を確認するだけでも時間がかかってしまいますので、在籍確認だけで1時間程度かかってしまう場合があります。

その為、勤務先の電話番号を入力する場合は、必ず自分が勤務している部署の連絡先を入力するようにして下さい。

また、勤務先によっては飲食店などのように「〇〇の時間帯は従業員が電話に出られないケースもある」という事を、あらかじめオペレータに伝えておくと、ある程度配慮もしてくれますので、問題なく在籍確認を終えてもらう事もできます。

②派遣社員などは特に要注意

また、現在派遣社員として勤務している人の場合は、勤務先の電話番号入力の際に注意する必要があります。

それは「派遣元の連絡を入れるか?」「派遣先の連絡先を入れるか?」という点です。

派遣社員の場合は、普段は派遣先企業に勤務している為、普通に考えると勤務している事を証明するには「派遣先に電話してもらう」というのが常識のような気がします。

しかし、派遣社員の場合は、正解はその逆で派遣元の電話番号を入力するようにして下さい。

派遣社員の場合は、「どこに勤めているか?」という事よりも、「どこから給料を支給されているか?」という事が大事になってくるからです。

ただ、派遣会社の場合は数千人程度の派遣スタッフを管理していますので、派遣会社の本社に電話が入ってもすぐに確認が出来ないケースもあります。

その為、そのようなケースを想定して、派遣会社には在籍確認の連絡が入る旨を、あらかじめ伝えおく事をおすすめします。

③申し込む時間帯に注意する

この点については、先ほども触れましたが、申し込み終盤で在籍確認が行われるという事を想定して、早めに申し込みをスタートさせる事がポイントとなります。

例えば、会社が18時に終わってしまう場合は、そこから逆算して3時間前くらいには申し込みをスタートさせることをおすすめします。

また、申し込み当日に振込キャッシングを希望する場合は、平時の15時までに契約までを終わらせる必要がある為、出来れば午前中には申し込みをスタートさせたいものです。

また、土日など会社が休みの場合、即日審査に影響が出る場合がありますので、出来れば勤務先が営業している曜日に手続きを済ませるようにしてください。

④同僚に協力を申し出る

最後のポイントは、在籍確認について同僚に協力を申し出ておくという点です。

前段でもお伝えしましたが、普段聞き慣れない個人名の電話が入ると、電話を受けた同僚も警戒をしてしまいます。

したがって、カードローンを申し込んだ際には、予め以下のように同僚に伝えておく事をおすすめします。

 「銀行にマイカーローンを申し込んだので、個人名で確認の電話が入るかもしれないので、対応お願いしますね」
 「クレジットカードを申し込んだので、在籍確認が入った際はよろしくお願いいたします。」

といった感じです。

在籍確認を行うのは、なにも消費者金融だけではありませんので、正々堂々と協力を申し出る事がポイントです。

書類での在籍確認に応じてくれるカードローンがある

このように、在籍確認はカードローン審査では欠かすことのできない手続きですが状況によっては電話以外の方法で行われることもあります。

指定された書類の提出で電話による在籍確認をなしにできる?

カードローン審査で在籍確認自体をなくすことはできませんが、条件さえ満たせば在籍確認の電話連絡をなしにできるカードローン会社がいくつかあります。

例えば、保険証や社員証などは、実際にその会社に勤務していなければ持つことができませんし、申込者自身の氏名と勤務先の企業名が印字されていますから、申込者がその会社に本当に在籍しているという証拠になります。

また、給与明細なども申込者自身の氏名と会社名が入っているのが一般的ですから、これも勤務先に在籍していることを証明する書類として提出できます。

ただ、同じ保険証でも国民健康保険証の場合だと、申込者の氏名は印字されていても会社名は入っていませんので、これで在籍確認を行うことできませんので注意しましょう。

本人と勤務先とを紐づける要素のある書類でなければ電話による在籍確認の代わりにはできません。

銀行カードローンでは状況次第で在籍確認の電話がないこともある

銀行カードローンを利用する場合、その銀行の口座を持っていることが借入の条件となっていることがあります。

銀行口座があれば銀行は本人確認を行える

銀行口座を開設する際には、厳格な本人確認を行っています。

そのようにしなければならないと法律で定められているからです。

また、銀行は、必要があれば自行の顧客の口座について異動明細を調べることができます。

つまり、カードローン審査に必要なら、申込者の口座にどのくらいの残高があって毎月どのような引き落としがあるか、また引き落としに遅れなどはないかなど、お金の流れを簡単に調べられます。

銀行口座があれば申込者の収入状況が分かる

もちろん口座が給与振込先になっていれば、勤務先名やどのぐらいの収入があるかも把握できます。

つまり、申込者がすでに口座を持っているなら、通帳の履歴を調査すればわざわざ電話による在籍確認をしなくても申込者の状況を詳しく把握できるのですね。

電話による在籍確認を省略している、また、ごく少数ですが特に在籍確認は行わないとしている銀行があるのは異動明細を確認することなどによって電話確認以外の方法で在籍確認ができる場合があるからだといえます。

ただし、借入金額が多い場合や電話による在籍確認が必要だと判断された場合には、在籍確認の電話が勤務先にかかってきますので、その点はよく覚えておいてくださいね。

専業主婦の場合は本人確認の電話連絡のみ

在籍確認は絶対に避けることができない上、そのほとんどが電話連絡で行われますが、専業主婦がカードローンを利用する場合だけは例外です。

専業主婦は初めから収入がない、つまり勤務先がないことが分かっています。

専業主婦がカードローンを利用する場合、本人確認のための電話連絡はありますが、在籍確認の電話連絡は当然ありませんし、配偶者の勤務先に在籍確認の電話連絡が入ることもありません。

申込書には配偶者の勤務先を記入する欄がありますが、それによって配偶者に安定した収入があることが確認できればOKなのです。

ただし、在籍確認ができない分、借入限度額も低めに設定されているのが普通です。

電話による在籍確認なしにできるカードローンはこれ!

電話による在籍確認をなしにできるカードローンと、どのような場合に電話連絡を避けることができるかについてご紹介します。

SMBCモビットWEB完結なら電話による在籍確認なし!

モビットのWEB完結を利用すれば、在籍確認を含む電話連絡や郵送物を避けられるとホームページに明記されています。

モビットのWEB完結を利用するには、

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている
  • 社会保険証、もしくは組合保険証を持っている

の2つの条件を満たしている必要があります。

社会保険証を持っていてSMBCモビットが指定する銀行口座を持っていれば…という条件付きではありますが、初めから堂々と電話による在籍確認がないことを公式ホームページで明記しているのはSMBCモビットだけです。

SMBCモビットに申込み後在籍確認の電話なしにできる?

アイフルも書類での在籍確認に比較的積極的

アイフルは、公式ページに「電話以外の在籍確認でOK」とはっきりと書かれてはいないものの、電話による在籍確認を避けたいという申込者に対しては書類による在籍確認で対応しています。

書類による在籍確認を希望していることを伝える

ただし、アイフルの場合は、SMBCモビットのように「この方法なら電話による在籍確認をカットできる」と公言しているわけではありません。

従って、電話以外での在籍確認を希望していることをアイフル側に伝えなければ、電話による在籍確認は普通に行われますので、その点は注意しなければなりません

アイフルの審査申し込み後に携帯電話などに確認電話がかかってきますので、その際オペレーターに在籍確認に関する希望を伝えてください。

0775030001はアイフルからの大切な電話 その用件とは

書類による在籍確認で必要なものは…

どのような書類を提出すべきかですが、社会保険証や給与明細、また社員証など、申込者の氏名と勤務先名が印字された証明書などを準備しておけばよいでしょう。

ちなみにアイフルのレディースローンSuLaLi(スラリ)は、限度額は10万円と低めですが、顔写真付きの本人確認書類を2点提出すれば電話による在籍確認を省略できます。

レディースアイフル「SuLaLi」の審査は甘いか?即日融資で借りれる?

アコム・プロミスも状況次第では電話による在籍確認をなしにできる

アコムやプロミスも電話以外の在籍確認に応じてくれるケースがあります。

しかし、アイフルほど積極的ではなく、基本的には電話による在籍確認が行われることになっています。

  • 勤務先が休業、またはプロミスの対応時間中が営業時間外である
  • 日中の時間帯は勤務先の事務所など電話が通じるところに誰もいない
  • 外部から個人宛に電話連絡が入ること自体が極めて不自然である

というケースなら状況次第で電話以外の在籍確認に応じてもらえることもあるでしょう。

近年は、個人情報保護法の観点から、社員が在籍していることを安易に社外の人に伝えない会社が増えてきています
そのような場合は申し込みの確認電話の際に会社の状況をよく説明したうえで電話以外の方法による在籍確認を希望していることを相談してみてください。

在籍確認なしにしたくてもアリバイ会社の利用は絶対にダメ!

会社に在籍確認の連絡が入るのはどうしても避けたいと、違法なアリバイ会社を利用する人がいますが…。

在籍確認を代行するアリバイ会社がある?

カードローン審査には電話による在籍確認がつきものですが、会社に電話連絡が入ることをどうしても避けたいということで、アリバイ会社を利用する人がいるようです。

アリバイ会社に勤務先の会社を装ってもらって、代わりに在籍確認を受けてもらうのです 。

簡単に言えば在籍確認の代行サービスですね。

依頼者の勤務先会社であるように対応する、偽の給与明細や源泉徴収票を発行するといったサービスを提供しているアリバイ会社があるのです。

アリバイ会社は、離職率や転職率が高い風俗や水商売など、一般的に社会的な信用が低いといわれる職業についている人たちの賃貸物件の入居審査などの際に代行業務を行ったり、カードローン審査の在籍確認の代行サービスを行ったりしています。

アリバイ会社の利用は規約違反!

アリバイ会社を利用することは、カードローン会社の規約に違反しています。

アリバイ会社を利用すると詐欺罪になる可能性も!

それどころか、アリバイ会社に在籍確認の代行をしてもらってカードローン会社の審査を受ければ、それは本当の情報ではないのですからカードローン会社をだましていることにもなるといえるでしょう。

勤務先を偽ったり、書類に嘘の情報を記載して提出したりすれば詐欺罪や詐欺未遂罪が成立するのです。

カードローン会社は申し込み者が本当に勤務していることを確認したいだけなのに、こうしたアリバイ会社を使うのはリスクが大きすぎます。

たとえ審査に通過したとしても、もしバレてしまったら強制解約された挙句に一括返済を求められるでしょう。

カードローン会社は定期的に申込者の審査をしている

もちろん、カードローン会社も在籍確認の代行を依頼する申込者がいるということは充分承知していますから、アリバイ会社に関する情報を収集しています。

また、カードローン会社は法律でカードローンの利用者を、定期的に再審査しなければならないことになっているので

  • 契約状況に変化がないか
  • 契約内容の見直しなどは必要ないか

などを厳重にチェックしています。

不自然な点が見つかって、そこから嘘がばれてしまうということも実際よくありますので、アリバイ会社は絶対に利用しないようにしましょう。

在籍確認を逆手に取るという方法も!

状況によっては、電話による在籍確認のないカードローン会社を利用するのが難しいかもしれません。

それでも、やっぱり在籍確認は避けたい、会社にどうしてもカードローンを利用することは知られたくないということもありますよね。

在籍確認が必要なのはカードローン審査だけではない!

でも、在籍確認が必要なのは、何もカードローン審査だけに限ったことではないことを知っていますか?

例えばクレジットカードの審査でも在籍確認が必須なんですね。

もちろん、クレジットカードの在籍確認でもオペレーターがクレジットカード会社の社員であることを名乗ることはありませんし、どのような用件で連絡をしてきたのかを勤務先の人に話すことも絶対にありません。

だとしたら、いっそのことクレジットカードをの入会申し込みをしたということにして

勤務先にはあらかじめ在籍確認の連絡が入ることを伝えてしまうという方法もあります。

すでにクレジットカードを持っていたとしても、今時何枚クレジットカードを持っていても不自然ではありませんし、クレジットカードの申し込みは恥ずかしいことでも何でもありません。

勤務先や家族にバレない借りられる方法は…?

勤務先にも家族にも絶対にカードローンへの申し込みや利用を知られたくない場合の対応策をまとめてみます。

勤務先にカードローン申し込みを知られない方法
  • 書類による在籍確認で対応してくれるカードローン会社を利用する
  • クレジットカードの審査があるので在籍確認の連絡があることを先に伝えておく

という方法で、勤務先にカードローンの利用を知られないようにしておきましょう。

会社にカードローンの申し込みが知られてしまうのは、在籍確認によるものがほとんどですから、その対策さえしっかりしておけば会社にカードローンのことを知られる心配はありません。

家族にカードローン申し込みを知られない方法
  • 郵送物が送られてこないカードローン(ローンカード自動契約機で受け取れる、キャッシュカードがあればローンカードとしても使える)
  • ローンカードなしのカードローン(振込融資で口座引き落とし、スマホアプリなど)
    を積極的に利用したいですね。

その他に注意しておきたいことを挙げるなら、

  • 利用明細は Web 明細に切り替えておく
  • 振込融資や口座振替による返済を利用する場合は通帳の保管場所に注意を払う
  • ローンカードを人目につくところに保管しない

などでしょうか。

トータルで考えると、大手消費者金融のスマホアプリは家族バレしない、という点ではかなり優秀だと思われます。

申し込みから借入・返済まで全てスマホ一台で済ませられるのは非常に魅力的ですね。

おわりに

在籍確認は絶対避けられない手続きではありますが、状況によっては電話連絡ではなく書類による在籍確認が認められます。

また、在籍確認はカードローン審査だけに必須の手続きではありませんから、先回りして予防線を張っておくことも不自然ではありません。

そもそも、在籍確認によってカードローン利用がバレてしまう可能性は非常に低いですから、あまり心配しすぎないことです。

下手に動くより、プロであるオペレーターに任せておくほうがよほど安全でしょう。