カードレスでも即日融資可能なキャッシングやローンってあるの?

公開日:

 

スマートフォンを見ながら悩む男性

最近カードローンのCMや広告を見ていると、やたらと「カードレス」という言葉を見かけます。

カードローンなのにカードがない…とは、なんだかおかしな話ですが、最近ではカードレスの契約が主流になってきています。

そこで、今回の記事では「そもそもカードレスのカードローンとは、どういった意味の事を指すのか?」、また「カードレスで即日融資が可能なカードローンは、どこのローンなのか?」という点について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

カードレスのカードローンとは?

まず、最初に「そもそもカードレス契約とは?」という基本的な部分から解説していきましょう。

カードレス契約とは、カードローン契約の際にカードが発行されない契約の事を指しますが、主な特徴は以下の2点となります。

カード発行&郵送がない

一つ目の特徴は、カードレス契約…というその名の通り「カードの発行がなく、郵送もされない」という点となります。

通常のカードローンの場合、必ずキャッシング用のカードが発行されるのが常識でしたが、カードローン契約時に「カードレス」という事を指定しておくと、最初からカードは発行される事はありません。

ただ、カードローン利用中に「やっぱりカードがあったほうが便利かも…」となった場合には、契約後でもカードを発行してもらう事は可能です。

※一部の銀行カードローンの場合は、完全にカードレスの場合があり、利用後のカード発行が無理な場合もあります。

借り入れは振込やアプリで行う

二つ目の特徴は、カードレス契約の場合の借り入れと返済方法についてです。

通常のカード契約の場合は、借り入れも返済も、すべてATMで行う事が出来る訳ですが、カードがないという事は、振込やアプリを使って借り入れや返済を行う必要があります。

この点については、この後詳しくご紹介しますが、専用のアプリなどが必要になるケースもありますので、スマホなどを使いこなせない人には不向きかもしれません。

カードレス契約のメリットやデメリット

次に、カードレス契約のメリットやデメリットについても、お伝えしておきたいと思います。

メリット「カードローンの利用がバレにくい」

カードレス契約の最も大きなメリットは、「家族にカードローンの利用を秘密に出来る…」という点になります。

一般的なカードローンは、店舗か無人契約機でカードを受け取るか、契約後にカードを郵送してもらうか、どちらかの方法でカードが発行される訳ですが、特に自宅に郵送される場合などは、家族にローンの利用がバレてしまう可能性が高くなります。

また、財布にカードローン用のカードを持っているだけでも、それが見つかってしまう事で、家族に余計な心配をかける事にもなります。

その点、カードレス契約の場合は、以上のような心配も一切ありませんので、安心してカードローンを利用する事が出来ます。

デメリット「借り入れ方法が制限される」

一方、デメリットについては、先ほどもお伝えした通り、借り入れ方法が振込やアプリなどに限定され、少し利便性が悪くなるという点があります。

もちろん、スマホやパソコンの操作に慣れている人の場合は、逆にこの方法のほうが利便性は高い訳ですが、スマホを持っていなかったりする高齢者などは、カードレス契約は逆に便利が悪いという事になります。

また、いざという時にスマホのバッテリーが切れていたり、通信環境が悪かったりすると、すべての処理が出来ない為、いざという時にお金が用意できない…という事もあり得ます。

カードレスで即日融資可能なカードローンはどこ?

ここまでで、カードレス契約の概要がご理解頂けたかと思いますが、ここからはそんなカードレスのカードローンで、即日融資が可能なのはどこのローンなのか?という点について、詳しく解説していきたいと思います。

プロミスならカードがなくてもアプリローンで全て完結!

一つ目はプロミスのカードレス契約です。

特にプロミスの場合は、アプリローンというサービスがあり、この方法で契約するとカードの発行もありませんし、申し込みからキャッシングまでをすべてアプリ一つで手続きができ、即日融資も可能です。

また、専用のアプリは、iPhoneでもandroidでもインストール可能で、そのアプリを入れたスマホを持ってセブンイレブンのATMに行けば、カード不要で現金を借りる事ができるようになっています。

尚、利用途中にカード発行を希望する場合は、後からでも追加発行は可能です。

レイクALSAもカードレス契約可能

レイクについても、プロミスと同じくカードレスでカードローンの契約が可能です。

レイクの場合は「e―アルサ」というアプリを使用する事になりますが、使い方はプロミスと同じく、専用のアプリをダウンロードして、申し込みからキャッシングまでのすべての手続きを行う事が出来ます。

尚、レイクについても最短60分で審査回答が出ますので、午前中に申し込めば昼前後にはアプリを使ってセブンイレブンのATMで即日融資を受ける事も可能です。

SMBCモビットのWEB完結

次は、SMBCモビットの場合です。

SMBCモビットにはWEB完結という申し込み方法がありますが、この方法で申し込むとカードが発行されず、また基本的には電話連絡もない為、スムーズにカードローンの契約を済ます事が出来ます。

尚、SMBCモビットのカートレス契約で、即日キャッシングをする為には、銀行振込を利用します。

プロミスやレイクALSAのように「専用アプリを使ってコンビニで借りる…」という事は出来ませんので、覚えておくようにしましょう。

銀行カードローンもカードレス

次に銀行カードローンはカードが発行されるのか、チェックしておきたいと思います。

主な銀行カードローンと言えば、三井住友銀行や三菱UFJ銀行のバンクィックなどが挙げられますが、銀行カードローンについては、ほとんどカードが発行されてしまいます。

銀行カードローンの場合は、消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあり、わざとカードを発行して自宅に郵送し、それが到着する事で本人がその場所に住んでいる事を確認する…と言う目的もあります。

ただ、一部のカードローン(例えば、大和ネクスト銀行のカードローン※現在は新規受付停止中)によっては、最初からカードが発行されないケースもあるようです。

カードレス契約で即日融資を受ける為のコツとは?

では、以上でご紹介したカードレス契約において、即日融資を受ける為には、どんな点に注意すべきなのでしょうか?

主に五つのポイントをお伝えしておきます。

①身分証明書や収入証明書は事前に用意しておく

一つ目は、必要書類をきちんと用意するという点です。

カードローン契約には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と、場合によっては収入証明書の提出が必要になりますが、その書類については、いずれも最新のものを用意するようにして下さい。

例えば、引っ越しなどをしていて免許証の住所の変更をしていない…という場合は、別の書類提出が求められて、審査に時間がかかってしまい、即日融資が出来ない場合があるからです。

②いつでも電話やメールを確認できる状態にしておく

二つ目の点は基本的な事ですが、申し込み後は電話やメールにすぐに対応できるようにしておくという点です。

公式WEBから申し込んだ場合は、早くて申し込み30分後には、本人宛にメールや電話が入ります。

ただ、その時点で電話に出られなかったりすると、その間審査が保留され、最悪のケースとしては即日融資に間に合わない…という事もあり得ます。

③申し込みは出来るだけ早めにスタートし、振込締切時間に注意

三つ目は申し込みスタート時間に注意するという点です。

特にカードレス契約で振込キャッシングを利用する場合、利用口座によっては平日の15時までに手続きを済ませないと、依頼当日の入金をしてもらえないという事になります。(銀行の振込締切時間は、平日の15時までの為)

したがって、そこから逆算すると多少審査に時間がかかる事も想定して、即日融資を受ける為には「午前中に申し込みをスタートする」という事がポイントになってきます。

④申し込みに必要な情報は事前に調べておく

四つ目は、他社借り入れ金額や、勤務先の情報など、申し込みに必要な情報は予め調べておく…という事も大切です。

特に、勤務先の資本金や従業員数、そして住所や連絡先などは、普段覚えていない事が多い為、事前に調べておかないと、申し込み手続き中に手間取ってしまいます。

⑤出来るだけ少額から申し込む

最後のポイントは、申し込み時の希望限度額のところは、できるだけ少額を設定するという点です。

例えば、アコムのカードローンの最高限度額は800万円になっていますが、申し込み時の希望限度額に800万円と入力しても、その通り融資される事はありません。

また、そのようないい加減な希望限度額の入力は、利用者の信用度が疑われるポイントにもなりますので、できるだけ現実的、かつ自分が最低限必要な限度額を申告する事をおすすめします。

カードレスのカードローン審査に落ちたら…

最後に、即日融資を希望しているのに、カードレスのカードローン審査に落ちた場合には、どうすべきなのか?いくつかの対処方法についても、触れておきたいと思います。

審査落ちの理由は教えてくれない

尚、カードローンの契約審査に万一落ちた場合、その理由は気になるところではありますが、残念ながらその理由は一切教えてもらえません。

もし、カードローンの審査に通らなかった場合は、「残念ながら今回の契約は見送りとさせていただきます」という内容が告げられるだけです。

ただ、この審査落ちの内容をしっかり確認しておかないと、別のカードローンに申し込んでも、次々と審査落ちしてしまい、いわゆる「申し込みブラック」という状態になる事は目に見えています。

こうなると、いよいよどのカードローンに申し込んでも、まったく審査が通らない状態になってしまいますので、審査落ちした場合は、まずはその「理由」を確認する事が非常に重要です。

信用情報の内容を確認してみよう

では、その審査落ちの理由を確認するにはどうすればいいのか…という事になる訳ですが、その方法は一つしかなく、唯一「信用情報機関の情報を自分で確認する」という方法になります。

CICや全銀情などの信用情報機関には、情報の本人開示サービスというものがありますので、手数料を払えば、本人に限り情報を確認する事が出来ます。

そして、確認の結果、信用情報機関に過去の債務整理の情報が残っていたり、他社借り入れを延滞した情報が残っていると、どこのカードローンに申し込んでも結果は同じという事になります。

したがって、一度審査落ちした時は、まずは信用情報機関の情報を確認し、定期的に情報を開示してもらってネガティブな情報が消えた段階で、新たにカードローンに申し込むという方法をおすすめします。

カードレスで即日融資、まとめ

いかがでしたか?

今回は、カードレス契約に関する基本的な知識や、カードレス契約で即日融資を受ける方法について、いくつかの情報をお届けしました。

ちなみに、筆者もアコムのカードローンを契約し、以前はカードでATMを使ってキャッシングや返済をしていましたが、カードレスでスマホで取引するほうが時間を気にする必要もありませんし、手数料もかからない為、最近はもっぱらカードは使わなくなりました。

カードレス契約には「スマホ操作に慣れている事」という事が条件になる訳ですが、今後は益々カードレスの契約が主流になっていくのかもしれませんね。