「即日融資の窓口」とは何なのか?闇金?

公開日:


「即日融資の窓口」…という広告をみなさんは見かけた事はあるでしょうか?

なんだか、その名前からして某保険代理店を想像してしまいますが、この広告は今は消されているようですが、違法な貸金業者が出している広告でした。

では、今はなきこの広告の裏には、どんな実態が隠されていたのでしょうか?

いくつかの情報をお届けしたいと思います。

「即日融資の窓口」っていったい何?

まず、GoogleやYahooの検索窓に「即日融資…」というキーワードを入れると、「即日融資の窓口」や「即日融資のトライデント」という名前が候補として挙がってくると思いますが、これらはすべて正規の貸金業者ではない、俗に言う「闇金」です。

闇金業者の手口を徹底解説

では、これらの「闇金」はどんな方法で融資を行い、利用者を追い込んで行くのでしょうか?簡単にその流れをご紹介したいと思います。

①少額を無審査で融資する

闇金業者のほとんどは、「ブラックでもOK」「他社断られた方でも融資します!」という広告を出して、新規顧客を募集します。

そして、連絡してきた人に対しては、よほどの事情がない限り簡単な身分証明書の提示だけで、3万円前後の融資を行います。

では、なぜ無審査でお金を貸す事が出来るか…という点ですが、これは「多少の返済不能リスクがあっても、他の客から高い利息で利益を得る事ができるから」というのが理由です。

②優しい態度で返済を待ってくれる

少額のお金を借りた場合、次は毎月の返済期限がやってくる訳ですが、返済しようとすると闇金業者は「そんなに無理しなくていいですよ。毎月の生活も大変でしょうから、いざという時の為にお金は持っておいてください」と、返済を猶予してくれる素振りも見せてくれます。

しかし、これこそが闇金業者のじょうとう手段で、こうやって返済をわざと遅らせて、その間に法外な利息を膨らませていきます。

③法外な利息を貪る

ちなみに闇金で適用される利息は、何%になるのでしょうか?

闇金業者が設定している利息は、各社マチマチですので、一概に何%という決まりはありません。

しかし、その殆どは10日で10%~30%の利息が付くようになっています。

例えば、30,000円を闇金業者から借りると、10日には元金+利息の合計が33,000円となり、そのまま返済しないと次の10日後には10%の利息がかかってきますので、33,000円×110%=36,300円となります。

さらにそのタイミングでも返済出来ない場合は、36,300円×110%=39,930円となり、なんと3万円の借金は1カ月後には約4万円となり、元金の1.3倍に膨れ上がる計算になります。

ちなみに、同じ3万円を実質年率18%のカードローンで借りた場合、1カ月後の元金+利息の合計では「30,443円」となります。

④厳しい取り立て

優しい態度で融資をし、返済を拒否して法外な利息を積み上げた後は、今度は闇金業者の真骨頂である「厳しい取り立て」が行われます。

本来、貸金業者として政府に登録している業者は、貸金業法で「利用者を恫喝するような取り立て行為」は禁止されています。

しかし、このような闇金業者については、そもそも法律などは関係ありませんので、時間を問わずに自宅や会社に取り立てに来たり、親や兄弟などにも脅しをかけてきます。

⑤完済しても情報は闇業者に流れる

また、闇金業者の借金を仮に返済したとしても、まだまだリスクは残ります。

それは、闇金業者に知られてしまった個人情報(氏名、住所、電話番号など)を、業者間で売り買いされてしまうのです。

したがって、一度このような業者を利用すると、別の業者からDMが送られてきたり、電話がかかってきたり…というケースもあるようです。

闇金業者を利用してしまったら…

では、万一「即日融資の窓口」などの闇金業者を利用してしまい、返済に困っている場合はどんな対処方法があるのでしょうか?

①暴力行為を受けているならまずは警察へ

闇金業者を利用していて、その対応に困っている場合で、特に暴力や恐喝を受けているような場合は、まずは警察に相談するようにして下さい。

ただ、警察は民事不介入のスタンスですので、実際に暴力を受けたり被害を被った場合でないと、対応してくれないケースもあります。

②弁護士に相談するのが早道

また、暴力を受けていないようなケースであっても、執拗な取り立てや法外な利息に困っている場合は、弁護士に相談するようにして下さい。

闇金業者も弁護士の対応ですぐに黙るような相手ではないかもしれませんが、弁護士が法的な手段を講じる事で、これらの業者の取り立てもストップしますし、そのようなかたちで融資したお金が回収できなくなる事は、闇金業者も想定の範囲内です。

もちろん、弁護士の依頼には費用はかかりますが、それよりも闇金の利用を放置していて法外な利息がどんどん積み重なるよりはまし…と考えるべきです。

「即日融資の窓口」、まとめ

今回は、「即日融資の窓口」という違法な会社の情報をご紹介しましたが、最近の闇金業者はホームページなどの作りもしっかりしている為、違法業者と気付かずについつい利用してしまう人も多いようです。

数万円だけのお金を用意するなら、中小の消費者金融を利用したり、質屋を利用したり、さらには少しの間我慢して日払いのバイトで稼ぐなどの方法もあります。
これら、少額のお金を用意する方法については、別の機会でご紹介したいと思いますが、とにかくいくらお金がない緊急事態であっても、焦ってこのような業者を利用する事だけは避けるようにして下さい。