無職で即日キャッシングは利用できない!無職が即日お金を借りるには?

公開日:

「無職になってしまいお金がない」
「なんとか即日キャッシングを利用したい」
こちらの記事では、そんな人に向けて執筆しています。

とは言ってもタイトルにあるように、無職の人は即日キャッシングが利用できません。

そのうえで現状のお金がない状態をどのように脱出すればいいのか、解説していきます。

無職で即日キャッシングが利用できない理由

そもそもなぜ無職の人は、即日キャッシングを利用できないのでしょうか。

その理由について解説していきます。

キャッシングの利用条件は安定した収入があること

銀行カードローンや消費者金融といった貸金業者は、申込者にお金を貸してそこから得る利子で収益を立てています。

貸したお金に対して利子がついて返済されれば、貸金業者はもうかるという仕組みですね。

しかし貸したお金が返ってこなかった場合は、貸金業者の利益にはならずむしろマイナスになってしまいます。

そのため貸金業者は、申込者に借りたお金の返済能力があるかどうか審査をします。

返済は長期に渡るので、安定した収入があることが返済能力の証明になるので、キャッシングの利用条件には安定した収入があることが絶対条件。

たとえばアコムの場合は貸付対象者が「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」という記載があります。

無職の場合、安定した収入と返済能力を有していないと判断されるので、審査にはすぐ落ちてしまいます。

貸金業者は利子で利益を得ていますので、返済能力がない人にはお金を貸しません。

嘘の勤務先を書いてもすぐにばれます

「無職だけど申込書に適当な勤務先を書けば審査に通るのではないか」
そのように考える人がいるかもしれませんが、それは甘い考えです。

貸金業者は申込書に書いてある勤務先が本当かどうか確認するため、在籍確認というものを行います。

勤務先に電話をかけて、その人が本当に働いているかどうか確認するということですね。

つまりその電話口で
「そんな人働いていませんよ。」
と言われてしまえば嘘が一発でばれてしまいますね。

つまり無職の人がキャッシングを利用することはできないという結論に至ります。

キャッシングを利用したければアルバイトでもいいので働かないとダメ

それではキャッシングを利用したければ、正社員にならなければいけないのかと言うと、そうではありません。

アコムの貸付対象者には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」という記載があります。

安定した収入とは毎月一定額の収入のことを指していますので、アルバイトでも構いません。

アルバイトでも毎月10万円の収入があれば、即日キャッシングは十分可能です。

そのためキャッシングを利用したいのであれば、アルバイトでもいいので働かないといけないというわけです。

無職でも即日キャッシングOKと書いてある会社の実態

ここまで無職の人はキャッシングが利用できないと解説をしてきました。

しかし世間には、無職でも即日キャッシングOKと記載のある会社があります。

そのような会社はどのような実態なのでしょうか。

無職でもお金を貸してくれるのは闇金かソフト闇金

結論から伝えると、無職でもお金を貸してくれるのは闇金かソフト闇金です。

日本で貸金業者を営むには、日本貸金業協会というところに登録をして、各都道府県の認可を受けなければなりません。

闇金やソフト闇金はこういった認可を受けておらず、お金の貸し借りをしています。

法律に守られていないため、貸すときの利率も高利に。

日本では利息制限法というものがあり、お金を貸すときの利息に制限がかかっていますが、闇金やソフト闇金は関係ありません。

10万円借りるのであれば、10日後15万円にして返済を要求されたりします。

普通に考えればめちゃくちゃな利率ですが、それでもお金を借りたいという人がいるから、成立しているのでしょう。

闇金に手を出すと大変なことに

どうしてもお金が必要だからということで、軽い気持ちで闇金に手を出すと、大変なことになってしまいます。

闇金は無職の人でもお金を貸すかわり、どうにかしてお金を返済させようとします。

借りる前にその人の実家の住所を調べ、返済できないと判断されれば実家に連絡されるというのはザラ。

実家や親戚に連絡が入るなど、その被害は自分だけにとどまりません。

軽い気持ちで闇金に手を出してしまったがために、大変な事態になってしまいます。

手を出してしまってからでは遅いので、闇金やソフト闇金を利用することは絶対にやめましょう。

クレジットカード現金化もNG

また東京や大阪などの都心部を歩いていると、クレジットカードを現金化するという看板を目にすることがあります。

これはクレジットカードのショッピング枠を現金化するという案内なのですが、これにも絶対手を出してはいけません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、クレジットカード会社の規約違反です。

現金化したことがばれると、クレジットカードの利用停止になり、今後その会社でクレジットカードが作れなくなります。

また債務整理や自己破産をする際にも、免責がおりないことがあります。

換金率を考えても決していいものではありませんので、クレジットカード現金化は絶対にやめましょう。

無職の人が即日でお金を手に入れるための方法

ここまで無職の人はキャッシングが利用できないということを説明してきました。

それでは無職の人が即日でお金を手に入れるには、どのような方法があるのでしょうか。

ここからは無職の人が即日でお金を手に入れる方法について解説していきます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

無職の人が即日でお金を手に入れる方法1つ目は、クレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

先ほどクレジットカードのショッピング枠を現金化することは、クレジットカード会社の規約違反になることをお伝えしました。

しかしクレジットカードにはショッピング枠だけでなく、キャッシング枠というものがあります。

キャッシング枠はお金を借りるためのものなので、今持っているクレジットカードにキャッシング枠があるのであれば、それを利用してお金が借りられます。

クレジットカードのキャッシング枠は忘れていることも多いので、確認してみるといいでしょう。

ただし無職の状態であれば、新規でクレジットカードを作成することはできません。

これは無職の人がキャッシングを利用できないのと同じ理由です。

しかし現在所持しているクレジットカードであれば、キャッシング枠は使えるので確認してみることをおすすめします。

不用品を売る

無職の人が即日でお金を手に入れる方法2つ目は、不用品を売ることです。

自宅にある本・洋服・ブランド品などを売って、お金を手にするという方法ですね。

インターネットを通じて不用品を売ることもできますが、どうしても即日でお金を手に入れたい場合は、お店に持って行った方がいいでしょう。

インターネット取引の場合、落札者が15時までに銀行振込をしてくれないことがあるので、確実に即日でお金を手に入れるとは言えません。

ブックオフや大黒屋といった店舗であれば、その場で現金にしてくれるので、即日でお金を手に入れたい人にはおすすめです。

日払いのアルバイトをする

無職の人が即日でお金を手に入れる方法3つ目は、日払いのアルバイトをすることです。

多くのアルバイトは月払いですが、中には日払いで清算してくれるアルバイトもあります。

日払いのアルバイトは経験不要のものも多く、面接や履歴書無しでも働けるケースもあります。

ただし日払いと日雇いの違いには注意しましょう。

  • 日払い・・・その日に給料がもらえる
  • 日雇い・・・1日契約で働くこと。

その日に給料がもらえるとは限らない
日雇いとは1日契約で働くという雇用形態のことなので、場合によっては給料が振り込まれるのが1週間先などになります。

どうしても即日でお金がほしいのであれば、その場で給料がもらえる仕事を探しましょう。

家族にお金を借りる

無職の人が即日でお金を手に入れる方法4つ目は、家族にお金を借りることです。

無職の人は貸金業者からお金を借りることはできませんが、家族であればお金を借りることができるかもしれません。

家族にお金を借りることに抵抗がある人がいるかもしれませんが、それで今をしのげるのであれば有効な手段なのではないでしょうか。

ただし友人にお金を借りることは、おすすめしません。

お金によって友情関係が崩壊することはよくありますし、今後友達としての付き合いができなくなってしまうこともあります。

お金を借りるのであれば、信頼関係のある家族をまず考えましょう。

焦って行動する前に一度立ち止まろう

ここまで無職の人に対して、即日でお金を手に入れる方法について解説してきました。

この記事を読んでいる人の中には、借金の返済などで苦しんでいる人も多いかと思います。

切羽詰まってしまっていろいろなことを考えてしまいますが、その前に一度立ち止まって考えてみることも大切ですよ。

債務整理や自己破産も選択肢の1つ

借金が重なってしまうと、何とかして返済しなければならないとなって色々なことを考えてしまいます。

中には犯罪行為に走ってしまったり、闇金に手を出してしまったりする人もいますね。

しかしそういった行動をする前に、一度立ち止まって考えてみましょう。

犯罪行為をしたり、闇金に手を出してしまったりしては、そこから這い上がることはまずできません。

日本にはそういった行為に走らないためのセーフティーネットが、用意されています。

たとえば債務整理や自己破産といった行為がその1つ。

債務整理や自己破産をすると、しばらくの間クレジットカードが作れないなどの不便を強いられます。

しかし犯罪行為に加担することに比べると、そのくらいの不便はかなり楽なものに感じられるのではないでしょうか。

法テラスを利用すれば、弁護士費用の分割支払いも可能です。

債務整理や自己破産をすれば、思い金利に悩まされることもなくなりますので、気分がかなり楽になります。

焦って変な行動をしてしまう前に、一度立ち止まって考えてみることが大切です。

働いてお金を稼ぐことが解決策

債務整理や自己破産は借金を整理するための、1つの手段です。

ただそれだけでは、今後の解決策にはなりません。

最終的には働いてお金を稼ぐことが、最良の解決策になることは頭に入れておきましょう。

職種を選ばなければ、就職することは難しくはありません。

今後人生を立て直すためにも、働くことを念頭に置いておきましょう。

働いていれば、審査の甘い即日融資キャッシングの審査へチャレンジも可能です。→即日融資可能&審査の甘いカードローンは存在する?

無職で即日キャッシングは不可能!お金がないのであれば働くことをおすすめします

ここまで無職の人は即日キャッシングができないこと、即日でお金を手に入れる手段について解説してきました。

厳しい言い方かもしれませんが、無職の人は社会的な信頼がないので、キャッシングはできません。

将来的なことを考えてもずっと無職の状態であれば、一時的なお金を手に入れてもすぐにまた同じような状態になってしまいます。

お金がない状態なのであれば、将来のことを考えて働くことをおすすめします。