即日融資可能&審査の甘いカードローンは存在する?

公開日:


カードローンを申し込む際に、気になる事…。

それは、「審査に落ちないか…」という点ではないでしょうか?

キャッシングの必要性がある人の共通点としては、「急ぎでお金を用意しないといけない!」という点が挙げられると思います。

そして、そんな人が審査落ちしてしまった場合は、別の金策を考えないといけなくなります。

そこで、今回はカードローンの審査について改めて考え、カードローンの審査を通過させる為のコツや、即日融資が可能で、且つ審査が甘いとされているカードローンはどこなのか?という点について、いくつかの情報をご紹介したいと思います。

一般的な消費者金融の審査通過率とは?

まず、最初にアコムやプロミスなど、大手の消費者金融の場合、どれくらいの人が審査通過しているのか、「審査通過率の現状」からチェックしてみます。

アコムの審査通過率

最初のカードローン大手のアコムから見ていきたいと思いますが、アコムの場合は毎月のカードローン新規申し込み数と、新規貸し付け率が公表されていますので、そこから「どれくらいの人が審査通過しているのか?」かがわかります。

以下は、直近2018年8月期のマンスリーレポートから抜粋した数値ですが、意外にも半数以上の人がアコムの審査に落ちている事がわかります。

アコム、カードローン新規申し込み数と新規貸付率
  • ローン事業新規申込数…47,227件
  • 新客数(ローン契約に至った数)…20,619件
  • 新規貸付率…43.7%

参考:アコム マンスリーレポート

尚、上記の「新規貸付率」は、いわゆる審査通過率と読み替える事もできる訳ですが、この数値は前年比・前月比でも▲2%程度下がってきており、年々審査通過が厳しくなっている現状が垣間見れます。

プロミスの審査通過率

次に大手カードローンの「プロミス」をチェックしてみます。

プロミスの場合も、新規貸付率が公表されていますが、プロミスの場合はアコムよりも約3%程度、審査通過率が高い事がわかります。

プロミス、カードローン新規申し込み数と新規貸付率
  • ローン事業新規申込数…44,959件
  • 新客数(ローン契約に至った数)…20,847件
  • 新規貸付率…46.4%

参考:プロミス 月次データ
ちなみに、プロミスは前年比で平均1.5%程度、審査通過率は高くなっていますので、若干ではありますが、審査は通りやすくなっているのかもしれません。

アイフルの審査通過率

最後にアイフルについてもチェックしてみましょう。

以下に直近の月次データを載せていますが、こちらも審査通過率は45.3%となっていますから、約半数以上の人が審査落ちしている事がわかります。

アイフル、カードローン新規申し込み数と新規貸付率
  • ローン事業新規申込数…33,217件
  • 新客数(ローン契約に至った数)…15,037件
  • 新規貸付率…45.3%

参考:アイフル 月次データ

ローン会社によって審査基準や融資までのスピードの違いはあるか?

大手消費者金融の審査通過率については上記の通りなのですが、実際のところはローン会社によって、審査の「甘い」「厳しい」は発生し得るのでしょうか?

この点について、少し考えてみます。

ネット上の記事や広告などを見ると「審査が甘い…」とか、「他社が断られてもOK」という文言を見かけますので、実際はローン会社によっては審査基準の違いがある事は事実です。

しかし、各々の会社での「審査基準」というのはどこにも公表されておらず、社外秘になっていますので、一般の人には「ローン会社別の審査項目」は一切わかりません、

ただ、カードローンの審査においては「基本的な審査項目」というものがあり、最低限チェックされる項目というのは、各社共通しています。

その為、上記のアコムやプロミスの審査通過率でもおわかり頂けたように、実際のところは「A社で審査落ちする人は、B社でも審査に落ちる」というケースが殆どです。

即日融資のためにおさえておきたい、審査に関する基本項目

ここで、前段で触れた「各社共通の審査項目」について、簡単にどんな点が審査されるのか、ご紹介しておきたいと思います。

この項目をおさえておかないと、審査に時間がかかり最悪のケースとして、即日審査が受けられないケースもあります。

収入

カードローンの審査で最も重要視されるのが、この「収入」です。

収入については、年収が多いほうが審査通過率は高くなるのですが、実はその額よりも「毎月安定した収入が入ってくる事」という点が、重視されます。

したがって、年収は多いが安定しない職種(フリーランスや単発のアルバイトなどで生計を立てている等)の人は、審査に通りにくかったり数万円程度の限度額しか設定されない事もあります。

他社借り入れ状況・信用情報の内容

次に重要なのが、「他社借り入れ額と、その返済状況です」

これらのデータは信用情報機関へのデータ照会により調査される訳ですが、主に以下の点がチェックされます。

  1. 他社借り入れ額を調査し、総量規制の範囲内で融資できるかどうか?
  2. 年収を考え、毎月無理なく返済できるか?(家賃や家族構成も関係してくる)
  3. 他社借り入れがある場合、毎月滞りなく返済しているか?
  4. 過去に他社借り入れを延滞し、債務整理などを行った履歴はないか?
  5. 同時に何社ものカードローンを申し込んでいないか?
勤務先や雇用形態

次の項目は「勤務先に関するデータ」です。

こちらも、主にチェックされる内容をまとめておきます。

  1. 公務員>大手企業正社員>中小企業正社員>契約社員>派遣社員>アルバイト・パートの順番で、雇用が安定している人のほうが審査は通りやすく、限度額も高い傾向がある。
  2.  勤続年数の理想は3年以上。新卒の場合は別として、転職して6ヶ月未満などの場合は「職を転々とするのでは?」というリスクが高い為、審査通過率は低くなる。
  3.  在籍確認がきちんと取れる事。(申告した勤務先に勤めている確認がとれる事が条件)
家族構成

この項目については、それほど重要ではありませんが「既婚・未婚」「子供の有無」などが確認され、ローン会社によっては以下のような判断をします。

  1. 既婚or未婚…既婚の場合は社会的に安定しており、返済に問題がない、とみる会社もあれば、扶養義務がある為、限度額を低めに設定する会社もある。
  2. 子供の有無…子供がいる場合、上記同様「安定していて、所在地も転々としない」とポジティブに見る会社もあれば、養育費などの支出を懸念する会社もある。
住居形態

最後は、「賃貸に住んでいるか、持ち家か?」という、住居形態もチェックされます。

こちらも、ローン会社によって見方は様々です。

  1. 持ち家…転居するリスクが低く、返済せずに逃げるなどの確率が低い、というポジティブな判断をする場合や、ローン負担がカードローンの返済に影響するのでは?というネガティブな判断をするケースもある。
  2. 賃貸…上記とは逆に「すぐに転居されて連絡がつかなくなるリスク」がある一方で、ローン負担もなく身軽では?と判断する場合もある。

審査が通りやすく、即日審査が可能なローンを見極めるコツ

ここまでで、消費者金融の審査の仕組みや、会社によっては若干の審査基準の差はある事はご理解頂けたかと思います。

では、少しでも審査に通りやすく、且つ即日審査が可能なカードローンを選びたい時は、結局のところどうすればいいのでしょうか?

①大手よりも中小消費者金融を選ぶ

少しでも審査通過の可能性が高く、融資までのスピードが早いカードローンを選ぶ方法の一つ目。

それは、アコムやプロミス等の大手消費者金融をあえて選ばず、最初から中小の消費者金融を選ぶ…という方法です。

消費者金融は主に以下の類に分かれますが、各々ターゲットとしている顧客層が異なる為、大手消費者金融よりは中小の消費者金融のほうが審査に通りやすい傾向があります。

大手と中小の消費者金融の違い
大手消費者金融 中小消費者金融
店舗数 全国 本社所在地を中心に数店舗
顧客ターゲット 安定した収入のある20歳以上をターゲットとするが、申込者数も多い為、あえてリスクは取らない傾向がある。 CMなどを行う資金力がない為、大手消費者金融の審査に落ちたような人でも審査に通す事がある。場合によっては多少のリスクも承知で融資する可能性もある。
取り扱いローン
  • カードローン
  • おまとめローン
  • 不動産担保ローン
  • カードローン
  • 学生ローン
  • フリーローン
即日融資 可能 可能

ざっと挙げるだけでも、大手と中小の消費者金融は以上のような違いがある訳ですが、もちろん中小の消費者金融でも、過去に他社延滞をしていたり、総量規制の対象になるくらい他社借り入れが多かったりする場合は、審査には通りません。

中小消費者金融の例 ①エイワ

では、ここからは比較的審査が通りやすいという口コミの多い、中小の消費者金融を3社ご紹介したいと思います。

一つ目は、「キャッシングのエイワ」という会社です。

この会社は、全国で24店舗しかない消費者金融ですが、「対面融資」という独特の審査方法を採用しています。

申し込み自体は電話やWEBでも行えるのですが、実際の融資の際には最寄りの店舗に出向いて、対面で審査→契約という流れになります。

したがって、「信用情報等のデータでは見えてこない人柄」というものを判断してもらえる可能性がある為、大手消費者金融の審査に落ちた場合でも、エイワの審査には通ったという口コミは多いようです。

また、店舗ではそのまま契約をする事が出来ますので、店舗カウンターで即日融資を受ける事も可能です。

ただ、リスクを承知でエイワも融資してくれるという事は、万一滞納した場合の「回収力」については、ある程度の自信がある事の裏返しでもあります。

(もちろん、法律の範囲内で取り立ては行われますので、暴力的な督促をされるという訳ではありません)

中小消費者金融の例 ②エニー

次は、上野に店舗がある消費者金融の「エニー」です。

この消費者金融の特徴は、20歳以上であれば年齢の上限が定められていない…という点と、専業主婦でも配偶者に収入があって、配偶者同意があれば融資が可能、という点です。

この点で言えば、大手消費者金融の場合は「年齢の上限が65歳まで」や「70歳まで」と決められていますし、配偶者の同意があっても利用者に安定した収入がない場合は、申し込む事は出来ません。

その為、特に高齢者で年金のみの収入という人や、専業主婦で一時的な生活費で困窮している場合は、頼りになるローンと言えるかもしれません。

尚、エニーについても振込キャッシングが利用できますので、即日融資は可能です。

中小消費者金融の例 ③いつも

最後は、高知県に本社を置くローン会社「いつも」です。

ちょっと変わった名前のこの消費者金融ですが、実は個人向けローンをはじめ、ビジネスローンや不動産担保ローン等の多彩なローンを取り扱っています。

また、中小の消費者金融では珍しく、60日間の無利息キャッシングのサービスがあったり、インターネットでの借り入れや返済なども取り扱っている為、利便性という意味では大手消費者金融に引けを取らないサービスを提供してくれています。

②時期によっては審査通過率が高くなる事もある

二つ目の審査通過の可能性が高いカードローンを選ぶ方法は、「審査通過率が高くなる時期を見極める」という点です。

ただ、こればかりは消費者金融側の動向を見極めるのは至難の業ですので、実際には難しいかもしれません。

しかし、一般的には決算前など、ローン会社としても新規顧客を獲得しないといけないタイミングでは、審査基準を少し甘くしてでも顧客を囲い込む場合もあるようです。

その為、一度中小の消費者金融で審査落ちした場合も、時期を変えて申し込むと審査通過する…というケースもゼロではありません。(この場合は、最低でも前回申し込みから6ヶ月~1年後に申し込まれる事をおすすめします。)

審査通過と即日融資の為に、注意すべき三つの事

最後に、中小や大手を問わず一般的なカードローンで、審査を通過して即日融資を受ける為には、どんな点に留意すべきなのでしょうか?大切なポイントを三つお伝えしておきたいと思います。

カードローンの審査に通る為には、前段でお伝えした収入や他社借り入れなどの条件をクリアしている事は最低条件なのですが、それ以外にも注意すべき点があります。

次から次へとカードローンの申し込みをしない

一つ目のポイントは、同時に何社ものカードローンに申し込まないという点です。

「申し込みブラック」という言葉を聞かれた事がある人も多いかもしれませんが、新規でカードローンに申し込んだ際には、ローン会社は信用情報機関へ照会を行いますので、それら照会履歴はすべて残る事になります。

さらに、過去の照会履歴については、信用情報機関を利用できるすべての金融機関も見れるようになっていますので、何社もの照会履歴がある人については「この人は相当お金に困っているのでは?返済は厳しいかも?」という印象を持たれる事になります。

したがって、同時にカードローンを申し込む場合は、せめて2~3社に抑えておかれる事をおすすめします。

(※ローン会社の照会履歴は、申し込みから6ヶ月を超えない範囲で、消去されます。)

申し込み内容は正直に丁寧に!

二つ目のポイントは、申込書に入力する項目は、すべて正確に正直に答えるという点です。

例えば、本人の連絡先が間違っても連絡がつかず審査は中断されてしまいますし、勤務先の電話番号を間違った場合でも、在籍確認が取れない為カードローンの審査は完了しない事になります。

他社借り入れを確認してから申し込む

申し込み内容を正直に…という意味では、他社借り入れ金額や件数も正直に入力する事も大切です。

特に総量規制の対象になるかどうかを心配して、他社借り入れを過少申告する人が居ますが、そのような嘘は信用情報機関での照会で全てバレてしまいます。

そのような些細な嘘をつく人は、審査時には決してプラスのイメージは与えませんので、とにかく申込時には嘘をつかない事が大切と言えます。

審査の甘いカードローンはあるか? まとめ

今回は、カードローンの審査基準や、審査の甘いカードローンはどこなのか…という点について、いくつかの情報をお届けしました。

この記事でお伝えした通り、カードローンの審査基準は各社様々ですので、すんなり審査に通った人は「このカードローンの審査は甘い」と言うでしょうし、逆に審査が甘いとされる中小の消費者金融でも、審査落ちしてしまった人にしてみると「この会社は審査が厳しい!」となると思います。

要は、審査が甘い厳しい…については、ローン会社の基準というよりは、利用者のとらえ方に左右されるという事です。

したがって、審査が甘く、即日融資が出来るカードローンを希望する場合は、まずは今回の記事でお伝えしたポイントを最低限準備して、とりあえず中小の消費者金融から申し込んでみるのも一つの方法かもしれませんね。