三井住友銀行カードローンの申し込みと審査

公開日: 最終更新日:

カードローンなんてしたことない人も、三井住友銀行カードローンからの借り入れを考えている人も、読んで損はしない記事です。新築の住宅ローンの必要がうまれるかもしれませんし、急に何らかの大きな出費が生じることがあるかもしれません。人生何があるかわかりませんからね。数々あるカードローンの中で不動の人気を集め続ける三井住友銀行カードローンから、カードローンの申込み方法と審査について、少しばかりご紹介しますね。

どれほど申込み方法があるの?

カードローンの申込み方法には何種類ほどあると思いますか?三井住友銀行カードローンでは全6種類の申込み方法を提供しています。直接三井住友銀行の窓口に行って、係の人に相談をしながら申し込むというのは一般的ですよね。フリーダイヤルから三井住友銀行のコールセンターへ電話をかけて申し込むことも出来ます。申込み書類に記入して郵送のかたちで申し込むことも出来ます。銀行内にあるローン契約機(ACM)で申込みのプロセスをすることも可能です。ですがどれも手間と時間がかかってしまいますよね。ネット社会になった現代ですから、三井住友銀行カードローンの申込みもネットを通して、パソコンや、今ではスマートフォンからすることが出来るようになりました。インターネットバンキング(SMBCダイレクト)から、24時間場所や時間の関係なく気軽に申し込むことが出来ます。スマートフォンに三井住友銀行カードローン申込みのためのアプリケーションをダウンロードすれば、ベッドで寝ころびながらでも簡単に申し込むことが出来ます。

申し込む時って何が必要なの?

申込み方法が多種になったことは理解して頂けましたね。ですが、申込みの際に何が必要なのか気になることでしょう。簡単に言えば、たった二つの資料が必要になります。一つは本人確認書類。運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)などの書類です。どこに行くときもこのうちのどれかは皆が持っているでしょうから、簡単な必要書類となる訳です。二つ目は借入者本人の年収が分かる資料です。50万円以上借り入れる方のみが必要となる資料なので、三井住友銀行カードローンで299万円以下を借り入れる人は、一つ目の本人確認書類のみが必要になるということですね。

審査って本当のところどうなの?

申込みの後は審査が入りますよね。早く借り入れをしたい人であれば、審査結果が出るまで何日も待たされるのなんて絶対に嫌なはずでしょう。ですが、三井住友銀行カードローンの審査結果が出るまではそれほど待たされません。電話からの申込みや、パソコンからの申し込みの後など、たったの小一時間で結果が分かるとなれば気が楽になりますよね。審査の基準は公表されていませんが、一番重要になる審査基準は借入者の年収となるでしょう。どんな金融機関や銀行でも、ある程度年収の安定した人でなければ大切なお金を貸したいとは思いませんよね。あとは三井住友銀行カードローン借り入れの際の年齢制限(満20~69歳)を守るだけです。気軽に申し込めて、とても早く審査結果が出るのであれば嬉しいですね。