三井住友銀行カードローンの返済

公開日: 最終更新日:

これから返済がこれから始まるという時、返済が心配になってしまいますよね。返済方法に迷う人がいれば、返済額のことを考えて目の前が真っ白になってしまう人もいるかもしれません。出来る限り毎月の返済額は減らしたいですが、だからと返済期間がいつまでも伸びてしまうのはよくありません。三井住友銀行カードローンをご利用される方や、これから利用される方も、是非お読みになってくださいね。

返済方法はどんなものがある?

三井住友銀行カードローンの返済方法は主に三種類あります。一つ目はATM。三井住友銀行にあるATMを通して返済することが出来ますし、コンビニのATMからもローン返済が出来ます。手数料はかからないですし、国内最大級を誇るほど支店数のある三井住友銀行ですから、どの街にいても支払うことが出来るかもしれません。コンビニは言うまでもないですね。ATMからの支払いは支払方法としては一番簡単なものになるでしょう。二つ目は振込みです。これは三井住友銀行カードローンのカードローン口座へ銀行振り込みをすることになるので、ATMと似ている様にも思えますが、手数料は支払者の負担になってしまうのがネックになってしまいますね。三つ目は口座振替。口座から毎月同日に引き落としされるというものです。わざわざ支払う手間が省けるのでとても楽ですが、三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座から引き落としされることになるので、三井住友銀行の口座をお持ちでない人は口座振替からの返済は不可能ですね。もし支払うのがいちいち面倒な人であれば、口座振替を利用するのをおすすめします。

三井住友銀行カードローンの毎月は返済どのくらい?

三井住友銀行カードローンは残高スライド方式によるご返済を、返済方式に採用しています。「残高スライド方式によるご返済」とはなんだ、と思ってらっしゃるでしょうから、簡単に説明するとすれば、借入残高に応じて毎月の返済額が変化するということ。三井住友銀行カードローンの返済では、借入額が大きければ大きい程、毎月の返済額が大きいということですね。50万円単位で返済額の大きさは5000円ずつ変化することになります。なので、毎月の返済額が抑えられ負担が減ります。しかし、返済額が少ないからと安心してしまっていると、返済期間が無駄に長期化してしまいますし、返済総額のかさが増えてしまいます。返済を始める時は返済額に対して元金の割合が低いです。タイミングを見計らって、返済額を繰り上げしてみるべきかもしれませんね。もちろん、自分の状況に合った返済プランを立てなければなりませんがね。