今すぐお金が必要なあなたに役立つ方法

公開日:

財布を見て悲しむ女性
「どうしてもすぐに10万円くらいのお金が必要」
「明日からの生活費が厳しい」
こちらの記事では、そんな人に向けて今すぐお金を手に入れる方法について解説していきます。

お金を手に入れるといっても、タダですぐ10万円が手に入るほど甘い世界ではありません。

逆に何のリスクもなく10万円手に入れられますよという誘いがあったら、それは詐欺である可能性が非常に高いです。

お金を手に入れるということは、それに対する代償を支払うということ。

それが今後利子を支払うこと、自分の大切なものを手放すこと、労働するといった対価になるということです。

今すぐお金が必要な人に向けて記事は書きますが、そうしたことも頭に入れて記事を読んでいってください。

今すぐお金を手に入れる方法の分類

まずはお金を手に入れるための方法をざっくり分類していきます。

そのなかですぐにお金を手に入れる方法として向いているものを探っていきます。

物を売ってお金を手に入れる

今すぐお金を手に入れる方法として、パッと思いつくことは、自分が持っている物を売ることではないでしょうか。

ブランド品や骨とう品を持っているのであれば、高く買い取ってくれる可能性がありますね。

ただしすぐにお金がほしいのであれば、インターネット上での取引ではなく実店舗にもっていかなければなりません。

ヤフオク!やメルカリといったインターネット取引は、高く売れる可能性がありますが、実際に入金されるまで早くても数日遅いと数週間かかります。

そのためすぐにお金がほしいのであれば、大黒屋やコメ兵といった買い取り専門店に自分の持ち物を持ち込んで買い取ってもらう必要があります。

実店舗に商品を持ち込む場合、商業店なので買い取り価格は多少安くなることは覚悟しなければなりません。

保存状態もきっちり見られるので、ものによっては買い取り拒否になることもあります。

そんな中比較的高い金額で買い取ってくれる可能性があるのは、ブランド物の腕時計などですね。

バッグなどは流行によって金額が上下しますが、ロレックスやフランクミュラーといったブランド物の腕時計は人気があまり変わりません。

そのため買い取り店としても取り扱いやすい商品として、高く買い取ってくれる可能性があります。

自分が大切にしてきたものを売るのは心苦しいかもしれませんが、今すぐお金が必要なのであれば背に腹は代えられません。

自宅に売れるものがあるのであれば、買い取り専門店で売ることも考えてみてはいかがでしょうか。

働いてお金を稼ぐ

今すぐお金を手に入れる方法としては、働いてお金を稼ぐというのも方法の一つです。

「アルバイト 即金」
と検索すると日払いのアルバイトから、少し危険な仕事までさまざまな仕事がヒットします。

日払いアルバイトの場合、どれだけ割がいい仕事でも、1日2万円くらいが限界でしょう。

それ以上稼ごうと思うのであれば、少し危険な仕事にも手を出さないといけません。

たとえば夜の仕事や身体を売る仕事ですね。

こういった仕事はもちろん否定しませんが、それ相応のリスクを抱えることは頭に入れておきましょう。

とくに女性は夜関係の仕事求人はたくさんありますが、もちろん体調を崩してしまうリスクをはらんでいます。

世間ではパパ活などが取り上げられており、楽にお金が稼げると思うかもしれませんが、そうした軽い思いでついていくととんでもない目にあってしまう事例も存在しています。

働いて稼ぐことは素晴らしいことですが、何の経験もなく大金が稼げるときは、それ相応のリスクがあります。

そこまで考えた上で、どこで働くかは選ぶようにしましょう。

お金を借りる

今すぐお金を手に入れる方法としては、お金を借りるという手段も思いつきますね。

お金を借りたことがなく、働いている人なのであれば、想像以上にあっさりお金は借りられます。

家族や友人に頼むというのももちろん手ではありますが、銀行や消費者金融から借りるのも一つの手段です。

しっかり返済計画が立てられているのであれば、銀行や消費者金融からお金を借りてもいいでしょう。

すでに借りている履歴がある人は、一度返済してから借りた方がいいでしょう。

もちろん他社から借りた状態でも審査に通る可能性はありますが、多重債務になってしまうとその後自分の首がしまってしまう可能性が高くなります。

お金を借りること自体は悪いことではありませんが、その後返済できるかどうかが大きな問題。

しっかりと返済計画を立ててからお金は借りるようにしましょう。

そのうえで今すぐお金を手に入れる方法として、お金を借りるというのはとても有効的な手段であることは間違いありません。

物を売ってお金を得るにはそもそも売れる物を持っていないといけないですし、働いてすぐにお金を手に入れることも難しいです。

今すぐ10万円ほど用意したいのであれば、お金を借りるというのがもっとも現実的な手段でしょう。

それを踏まえた上で、お金を借りる方法について詳しく解説していきます。

銀行カードローンと消費者金融の違い

「今すぐ10万円を用意しなければならない。」
そうした状況に陥ったとき、もっとも現実的な方法はお金を借りることです。

家族や友人からお金を借りることもできますが、これは個人差があるのでこの記事では割愛。

銀行や消費者金融からお金を借りる方法について解説していきます。

銀行カードローンと消費者金融については、違うことがわかるけど具体的にどこが違うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここからは銀行カードローンと消費者金融の違いについて解説していきます。

総量規制の違い

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いとして、総量規制に関することが挙げられます。

総量規制とは行き過ぎた貸し付けに対して、貸し付ける金額を制限するための法律で、貸金業法には以下のような記載がされています。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
引用

つまり年収300万円の人であれば、借りられる金額は100万円までに制限されているということ。

これは1社100万円ということではなく、借り入れできる金額が合計100万円ということです。

この総量規制について銀行カードローンと消費者金融ではどこが違うかというと、この総量規制が適応されるのは消費者金融のみで、銀行カードローンには適用されないということです。

総量規制は貸金業法という法律なのですが、銀行カードローンには銀行法が適用されているため、総量規制は適用外となっています。

そのため年収300万円の人は、消費者金融であれば100万円までしか借りられませんが、銀行カードローンであれば150万円借りられる可能性もあるということですね。

もちろん自分の返済能力を超えた借り入れをしては返済ができなくなるので、絶対にやめましょう。

銀行カードローンと消費者金融には、このような大きな違いがあります。

即日融資可能かどうかの違い

銀行カードローンと消費者金融の違いとして挙げられるのが、即日融資が可能かどうかです。

結論からいうと、銀行カードローンは即日融資ができず、消費者金融では即日融資が可能です。

以前は銀行カードローンでも即日融資可能な銀行があったのですが、2018年から仕組みが変わって銀行カードローンは即日融資が不可能になりました。

その仕組みとは、銀行カードローンが貸し付けをおこなうときは、一度警視庁データベースにアクセスすることの義務化です。

これは以前ある銀行から反社会勢力に貸し付けがおこなわれていることが判明し、今後反社会勢力に貸し付けをしないようにする対策のためです。

つまり警視庁データベースにアクセスし、申込者が反社会勢力に属していないかどうかチェックするということですね。

警視庁データベースにアクセスしチェックする行為は、最短でも翌営業日にならないと回答がでないようなので、2018年以降は銀行カードローンの即日融資ができなくなりました。

銀行という公的な企業であるからこそ、チェックは厳正にしようということなのでしょう。

今後データベースへのチェックスピードが早くなる可能性はありますが、しばらくの間は最短翌営業日対応になると思われます。

そのため今すぐお金を借りたいのであれば、消費者金融一択となりますね。

金利の違い

銀行カードローンと消費者金融の違いとしては、金利の違いがあります。

代表的な銀行カードローンと消費者金融の金利は以下のようになっています。

カードローン名 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

代表的な銀行カードローンと消費者金融の金利を比べてみました。

金利の幅はありますが、はじめて契約するときは金利が高めに設定されることが多いので、最高金利を比べてみると銀行カードローンと消費者金融の違いがわかります。

金利が3%違うということは、最終的な支払い金額は数万円の違いになります。

そのため金利の面でいうと銀行カードローンの方に軍配が上がります。

ただし消費者金融には、30日間無利息サービスを実施している会社も多いですね。

短期間の利用であれば、30日間無利息サービスを活用して金利を支払わずにお金を借りることも可能。

長期間で借りるのであれば銀行カードローンの方が金利は安いですが、消費者金融も無利息サービスを活用することが大切ですね。

即日融資を希望するのであれば消費者金融

時計を気にする女性

ここまで銀行カードローンと消費者金融の違いを解説してきましたが、即日融資を希望するのであれば消費者金融を利用すべきということがおわかりいただけたかと思います。

それでは消費者金融でお金を借りるときには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ここからは消費者金融の利用方法について解説していきます。

無人契約機かインターネット契約がオススメ

消費者金融で即日融資を受けるのであれば、申し込み方法は無人契約機かインターネット契約がオススメです。

消費者金融への申し込みはそれ以外にも電話やFAXがありますが、即日融資の場合は早めに対応してもらう必要があります。

もっとも確実な方法としては、オペレーターと話すことができる無人契約機に行くことですが、事前にインターネットから申し込みをしておくとより契約がスムーズにいきます。

インターネットから申し込みを済ませておくと、身分証明書による本人確認がすぐ完了するので、その後すぐ審査に移れます。

消費者金融の混雑具合にもよりますが、早ければ申し込みから1時間ですべてが完了します。

審査に合格したらその場でローンカードが発行されるので、設置されているATMですぐにお金が借りられますね。

インターネット契約をする場合、会社によってはローンカードが郵送になるので、その場合は即日融資が受けられません。

そのためインターネットで即日融資ができない場合は、無人契約機での契約をオススメします。

身分証明書と収入証明書は事前に用意しておく

消費者金融で契約をする場合、身分証明書と収入証明書は事前に用意しておきましょう。

身分証明書としては、運転免許証かパスポートがあれば問題ありません。

収入証明書は源泉徴収票・給与明細数か月分・源泉徴収票などが適用されます。

消費者金融で融資を受ける場合、借入希望額が50万円以下であれば、収入証明書の提出が不要なケースもあります。

ただし収入証明書の提出が不要になることが絶対ではありませんので、事前に用意しておいて損はありません。

事前に身分証明書と収入証明書を用意しておけば、契約もスムーズにできますので、即日融資が受けられる可能性が高くなりますよ。

借入希望額は最低限にしておく

消費者金融で借り入れをする場合、借入希望額は必要最小限にしておきましょう。

借入希望額は申込時に記入する欄があるのですが、ついつい希望額以上の金額を申請してしまいがちです。

しかし総量規制以上に借入金額を希望してしまっては審査に落ちる可能性がありますし、そうでない場合でも審査に時間がかかってしまうことがあります。

消費者金融側からすると

「これだけたくさんの金額を希望するこの人は、一体何に使うのだろうか」
「たくさんのお金を貸してはたして本当に返済されるのだろうか」

といった疑念がどうしても生じてしまいます。

そのため借入希望額を高く申請すると、審査に時間がかかることもあれば、最悪審査に落ちてしまうこともあります。

即日融資を受けたいのであれば、借入希望額は最低限にしておきましょう。

おすすめの消費者金融

ここまで消費者金融でお金を借りるための方法について解説をしてきました。

それでは具体的にどの消費者金融でお金を借りることがいいのでしょうか。

ここからはおすすめの消費者金融について解説していきます。

はじめての人におすすめのアコム

はじめて消費者金融を利用する人におすすめなのが、アコムです。

「はじめてのアコム♪」
という言葉でCMをしているように、はじめて消費者金融を利用する人にもとても優しい対応をしてくれています。

具体的な特徴としては

  • 30日間無利息期間がある
  • 2人に1人審査通過している実績がある
  • 審査スピードが早い

といった点がアコムの特徴。

1番の特徴としては、審査通過率が高い点でしょうか。

消費者金融は審査通過率というデータを出しているのですが、他社が45%前後のところアコムは平均48%という数字をキープしています。

そのためアコムははじめて利用する人でも、審査が優しいのではないかと言われています。

はじめて消費者金融を利用する人にとっては、審査が不安なことも多いと思いますので、これは安心できるポイントではないでしょうか。

消費者金融の利用が不安だと感じる人であれば、アコムを利用してみてはいかがでしょうか。

WEB完結で申し込みが完了するプロミス

家族や友人に消費者金融の利用を知られたくない人におすすめなのが、プロミスです。

プロミスの特徴としては

  • WEB完結で申し込みができ郵送物がない
  • 在籍確認についての相談ができる
  • 30日間無利息期間がある

いった点が挙げられるのですが、1番の特徴としてはWEB完結で申し込みが完了するという点です。

プロミスのWEB完結を利用すると、申し込み・借り入れ・返済をすべてインターネット上で完了できます。

そのためローンカードなどの郵送物が一切なく、家族や友人に消費者金融の利用がばれることがまずありません。

返済も銀行口座からの引き落としでおこなわれるので、返済に気をつかわなくていい点も嬉しいですね。

WEB完結ですべてが完了する仕組みはとても便利なので、ぜひ活用したい仕組みですね。

細かな単位で借り入れができるアイフル

短期間だけ消費者金融を利用したいのであれば、おすすめなのがアイフルです。

アイフルには以下のような特徴があります。

  • 1,000円単位で借入可能
  • 最大30日間無利息期間がある
  • おまとめローンが低金利

30日間無利息サービスがある点はもちろん嬉しいのですが、1,000円単位で借り入れができる点がとても素晴らしいです。

細かなサービスではありますが、借り入れを1,000円単位にすることで借入金額を最低限におさえ、金利もできるだけ支払わないようにすることができます。

そのため短期間の利用であれば、金利を最低限におさえることができるということですね。

今後返済の目途が立っており、短期間の利用がわかっているのであれば、アイフルの利用をオススメします。

国の制度を利用してお金を借りる

即日でお金が借りたいときは、消費者金融がとても便利ですがどうしても金利が高い点は気になります。

そんなときぜひ活用したいのが、国の融資制度。

融資を受けるまでに時間はかかりますが、金利が安いのでとても便利です。

あまり知られていない制度ですが、とても便利なのでこちらで紹介させていただきますね。

金利は低いが時間がかかる国の制度

国が運営している融資制度はいくつかあるのですが、全体的に時間はかかります。

早く融資を受けられるものでも申し込みから1週間ほどかかりますし、長いものだと1ヵ月以上かかるものもあります。

ただその代わり金利は、銀行カードローンや消費者金融と比べものにならないくらい安いです。

金利0で融資が受けられるものもありますし、全体的に金利はかなり安いですね。

今すぐお金が欲しい人は使うことが難しいですが、お金が必要なタイミングまで時間があるのであれば、ぜひ活用してみてください。

生活福祉貸付制度を利用する

国の融資制度の中で、もっとも使いやすいのが生活福祉貸付制度というものです。

生活福祉貸付制度とは、低所得者・高齢者・障碍者の人などに対して、国から低金利で貸し付けをする制度。

生活保護はお金を渡す仕組みなのですが、生活福祉貸付制度はあくまで貸し付けである点は注意しましょう。

生活福祉貸付制度は借り入れするために条件がいくつかあり、その条件をクリアしてはじめて融資が受けられます。

その審査をするために銀行カードローンや消費者金融より、審査に時間がかかるということですね。

たとえば生活福祉貸付制度の中の総合支援資金を使うためには

  • 生活支援費(生活再建までに必要な生活費用)
  • 住居入居費(敷金・礼金など賃貸契約時に必要な費用)
  • 一時生活再建費(滞納している公共料金の建て替え費用、債務整理のための必要経費など)

といった項目が用意されています。

自分がどういった目的でお金を借りるのか明確にする必要があるので、自分の資金利用用途が項目を満たしているのかは事前にチェックしておきましょう。

ちなみに生活福祉貸付制度を利用する場合、各都道府県の社会福祉協議会というところに申し込みをする必要があります。

生活福祉貸付制度は審査項目がいろいろあり、提出する必要がある書類も多いので、興味がある人は一度相談に行きましょう。

緊急小口資金を利用する

生活福祉貸付制度は審査に時間がかかりますが、それよりも緊急を要する場合緊急小口資金という仕組みを利用して融資を受けることもできます。

緊急小口資金とは
「これからの食費がない」
「家賃が払えなくて家を追い出されそう」
など緊急で資金が必要なケースに利用できる制度です。

こちらの制度は低所得者を救うセーフティーネットのような役割ももっているため、貸し付けは無金利でおこなわれます。

ただし審査はもちろんおこなわれるので、貸し付けまでは1週間から2週間ほどの時間がかかるようですね。

緊急小口資金はあくまで生きていくためのお金がどうしてもないときに利用する制度。

どうしてもお金がない時は、頼ってみてはいかがでしょうか。

消費者金融を活用しよう

ここまでお金を借りるための方法について解説してきました。

記事の内容をまとめると

  • すぐにお金を手に入れる方法は、物を売る・働く・借りるという3種類
  • 今すぐ10万円借りたいのであれば、お金を借りるという方法が1番確実
  • 即日融資が受けられるのは消費者金融のみ
  • 総量規制によって消費者金融で借りられるのは年収の3分の1まで
  • 消費者金融で即日融資が受けたいのであれば、無人契約機かインターネット申し込みをする
  • 身分証明書と収入証明書は事前に用意しておく
  • 借入希望金額はできるだけ低く設定しておく
  • お金が必要なタイミングまで時間があるのであれば、国の制度を利用する手もある

といった内容になります。

消費者金融は即日融資ができるので、今すぐお金が欲しい人にとってはとても便利な仕組みです。

消費者金融は怖いイメージがあるかもしれませんが、使ってみるとあっさりお金が借りられます。

みなさんも消費者金融を活用してみてはいかがでしょうか。