三井住友銀行カードローンの金利はどの程度?

公開日: 最終更新日:

起業や住宅購入など、様々な理由により借り入れが必要になることってありますよね。元々考えていた支出や、急な理由によるものもあるはずです。自分の経済的状況を考えると、どうしても手の届かない大きな出費、でも借り入れをすれば間に合いそうなとき、皆がローンを組みます。大きな額のものの場合、借り入れの金利の1~2%の違いで、返済の際何十万もの差が生まれてしまうことがあります。そのようなことは絶対避けたいですよね。そう思っている方には是非三井住友銀行カードローンをおすすめします。このカードローンの金利について少しご紹介します。

どのくらいの金利なの?

三井住友銀行カードローンの金利は、年間4.0~14.5%とされています。しかし、カードローンについてあまり詳しくない人にとっては、この金利率は得なのかどうなのかよく分かりませんよね。アコムやアイフルなどでの最高金利は18%されているので、三井住友銀行カードローンの最高金利である14.5%は、3.5%の分だけ得になるということです。もし数百万円の借り入れを、それらの消費者金融からするとなれば、三井住友銀行カードローンから同額を借り入れた人より、何万も損をしてしまうことになってしまいますよね。そんなもったいないことはありません。カードローンの平均の最高金利が18%なので、比較的低金利ということが分かります。契約極度額(借入限度額)が800万円であるので、大口の借入先とも言えますね。

なんで借入利率って全部一緒じゃないの?

どの会社のカードローンの金利を見ても、ほとんどが4.0%~18.0%という様に、利率に違いがあることにお気づきでしょう。三井住友銀行カードローンも一定の利率ではありません。では、なぜ借入の金利が変わるのか、説明しますね。例えば、100万円を一ヶ月借りるとしましょう。年4.0%の金利で借りれば3287円の金利が生じます。もし年利率が10.0%の借り入れをすれば、8219円の金利が生じ、年4.0%の場合より4932円分の違いになりますよね。年14.5%の場合は、年4.0%の場合よりも8630円分多く払ってしまうことになります。同じ額を、同じ期間に借りるとしても、人によっては損をしてしまうことになる訳です。その理由が契約極度額(借入限度額)です。契約極度額とは、文字通り借り入れをする際の限度額ということ。三井住友銀行カードローンの借り入れ限度額は800万円で、最高借入額が800万円の人は年利率4.0%、300万円超400万円以下の人は年利率7.0~8.0%、そして100万円以下の人は年利率12~14.5%となります。三井住友銀行カードローンの借り入れの限度額は申込みの審査の際に決められます。借り入れの目的や用途にもよるでしょうけど、出来る限り金利は低く抑えたいですよね。