三井住友銀行カードローンの審査基準とは?

更新日:

現在貸金業務を行っている代表的な金融機関には「消費者金融」や「信販会社」そして預金業務や為替業務を平行して貸出業務を行っている「銀行」が存在します。そして私たちはそういった貸金業者を何となくTVCMや電車の中吊り広告等で目にしている事かと思います。ところで皆様は三井住友銀行のカードローンについてご存知ですか?三井住友銀行は言わずと知れた日本のメガバンクのひとつで利用者も多く、支店やATM等も全国に分布しており名前を知らないという方はまずいない超大手です。

しかし三井住友銀行カードローンとなると意外によく知らないという人が多いように思えます。それもそのはず三井住友銀行のカードローンは消費者金融や他の銀行系カードローンと比べてメディア露出がだいぶ控えめの傾向にあるからです。

しかしそれは三井住友銀行が貸金業務に積極的ではないというわけではありません。三井住友銀行は自分たちの運営するカードローンに強い自信を持っており過剰なアピールや広告宣伝は不要だと考えているからです。むしろ過度な広告を打つ事で申込数が増える事、またそれにより他の預金業務や為替業務が圧迫される事を警戒しているようにすら見えます。何故そのような事が言えるのか、それは三井住友銀行のカードローンスペックを見ていただけたら理由はわかるはずです。

三井住友銀行カードローンのスペック

まず三井住友銀行カードローンの商品情報を簡単に見てみましょう。
※商品内容や申込条件等については、必ず三井住友銀行の公式ホームページで最新情報をご確認ください。

公式サイト 三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
金利 年4.0%~14.5%
限度額 10~800万円
用途 原則自由(事業性資金を除く)
申込条件 年齢が満20歳以上69歳以下の国内に居住する個人のお客さまで、原則安定した収入があり、保証会社の保証を受けられる方

他社のカードローンを利用した事がある方やカードローン比較を行った事のある方ならこのスペック一覧表を見ただけで三井住友銀行のカードローンが優秀かわかるはず。しかしカードローン自体にあまり馴染みのない方の為に少し説明させていただきます。

まず通常カードローンというのは銀行系と消費者金融系に大きくわける事ができます。銀行系カードローンは低金利高限度額であるものの審査や融資までに時間がかかりまた審査難易度も高いのがネックとされています。一方消費者金融系カードローンは審査時間が短く、即日融資にも対応可能で審査難易度も低いが高金利低限度額である傾向にあるとされています。しかし三井住友銀行カードローンの商品スペックを見てください。

最初に金利ですが、年4.0%~14.5%という金利は最低金利最高金利共に銀行系相応の水準であり、一般消費者金融系の金利(最高金利にして凡そ18%)より一回り以上低い数字となっています。また限度額に関しても10~800万円と高く一般消費者金融系の限度額(500万)より300万円も高い数値となっています。

つまり要約すると三井住友銀行のカードローンは銀行系の強みと消費者金融系の強み両方を兼ね備えた、通常の銀行系カードローンや消費者金融系カードローンと比べ借りやすいスペックを有している商品という事になります。今ここでこのようなカードローンが密かに存在している事を知れたあなたはもしかして幸運なのかもしれません。もし現在少しでもお金のトラブルを抱えている、今後カードローンの利用が必要になってくる、そんな方は是非一度三井住友銀行のカードローンに申し込まれてみてはいかがでしょうか。

三井住友銀行カードローンでお金を借りる前の準備

カードローンの審査に申し込む前に、少しでも審査に通りやすくするために準備をしておく必要があります。

給与証明書

必要書類の準備を

カードローン審査に申し込むために書類の提出が必要です。必ず必要なのは「本人確認書類」です。本人確認書類として認められるのは、下記のようなものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)等
  • 個人番号カード

※上記以外の本人確認資料については、三井住友銀行ホームページにて確認してください
運転免許証を持っている人ならば、免許証の提出だけで済ますことができるので簡単です。
さらに、50万円以上のお金を借り入れる人は、さらに自身の収入を証明するために「収入証明書」を提出せねばなりません。

  • 給与明細書(発行日が三ヶ月以内のもの)
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票

がこれに当たります。給与明細書や源泉徴収票は会社から発行されるため、自営業の方は別途資料を用意しておく必要があります。

申込方法は?

どんな方法でカードローンへ申し込むのか、もう決めてあるでしょうか。
ネットからの申込みは、パソコンだけでなくスマートフォンからも行うことができるのでおすすめです。しかしスピーディにお金を借りたい方方には、自動契約機からの申込みをおすすめします。

三井住友銀行カードローンからお金を借りる~審査基順は?~

さて、三井住友銀行カードローンの基本スペックはわかっていただけたはず、そうなると気になるのは審査です。審査というのは基本的にスペックの高い商品ほど厳しく、またスペックの低い商品ほど易しい傾向にあるのでこの前提からすると三井住友銀行のカードローンは審査がとても難しいのでは?と思う方もいる事でしょう。

三井住友銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

三井住友銀行カードローンの審査難易度ですがこれははっきりした情報はわかりません。
三井住友銀行カードローンの審査通過率は明かされておらず、外部にもらすことのできないトップシークレットだということもあり、この審査難易度の要素をうかがい知ることはできません。
過去申し込んだ人の要素を見る限り、カードローン審査としては一般的な審査難易度なのではないかと、私としては推測することしかできません。

また、三井住友銀行カードローンは、専業主婦の借り入れに対応していません。専業主婦は三井住友銀行カードローンの審査に通るか?という話ではなく、そもそも専業主婦の借り入れに対応していないのです。
専業主婦の方がカードローンでの借り入れを希望した時は、銀行カードローンの中でも「専業主婦が借り入れ可能」な銀行カードローンへ申し込むようにしてください。
専業主婦と三井住友銀行カードローンの関係について、「三井住友銀行カードローンは専業主婦の借り入れ不可能!別の銀行カードローンでの借り入れを検討した方が良いかもしれません」の中で詳しく説明しています。
そちらも合わせて読んでみてください。

三井住友銀行カードローン審査方法の沿革

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、SMBCグループとSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の株式交換により、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMBCグループの完全子会社となりました。

その影響もあり、三井住友銀行カードローン保証会社にSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が設定されました。これにより、現在はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が、銀行による独自の審査とは別に、カードローンの審査を行っています。

魅力的な三井住友銀行カードローンのスピーディな対応

三井住友銀行カードローンは、申込みから借り入れまでにかかる時間が短いのが特徴です。
他のカードローンの中には、申込みから実際の借り入れまでに数週間かかってしまうものもある中、三井住友銀行カードローンのスピーディな対応は大きなメリットです。
この対応力はやはり、都市銀行の潤沢な資本ゆえの余裕、そしてシステマティックで優秀な借入れシステムからもたらされるものでしょう。
もし、三井住友銀行カードローン以外の審査基準について詳しく知りたいと思われたなら、「カードローンの審査基準は消費者金融や銀行で違う」を参考にしてください。

三井住友銀行からお金を借りるために必要な条件

三井住友銀行からお金を借りるために必要な条件を洗い出してみましょう。
最低限必要なのはやはり「安定した収入」です。その収入源がたとえ「アルバイト収入」だったとしても、まったく収入のない人は、三井住友銀行カードローンでお金を借りることはできません。
そして、ある意味収入より重要なのが「信用情報に残った記録」です。
信用情報とは、信用情報機関という専門機関に集められた、「個人のお金にまつわる記録」の総称です。三井住友銀行カードローンでお金を借りる際に妨げになるのは「信用情報に残った金融トラブル」なのです。

三井住友銀行カードローンでお金を借りることができるかどうか、実際に審査を申し込んでみた感想

年収が300万円に満たない私が三井住友銀行カードローンに実際に申し込んでみました。
一応正社員として働いてはいるものの、こんな年収で審査に通るのか…と心配でしたが、無事審査に通りました。
やはりカードローンの審査において重要なのは、年収をどれだけもらっているかではなく、雇用形態や勤続年数など、どれだけ収入が安定しているかということだなと実感しました。

三井住友銀行カードローンで時間をかけずにお金を借りるには

三井住友銀行カードローンは時間のかからない借り入れに対応しています。通常時間をかけずにお金を借り入れることのは銀行カードローンでは難しく、消費者金融のカードローンのほうが審査と融資に時間がかかりません。
銀行カードローンの中には審査だけで1周間以上時間がかかってしまうものがあるくらいです。
しかし三井住友銀行カードローンはスピーディ対応が可能で、銀行内にあるローン契約機を使えば、時間をかけずに借り入れるのも簡単です。

一番早いのはホームページから審査申し込み後契約機へいくこと

一番時間をかけずに三井住友銀行カードローンでスピードキャッシングを利用するためには、三井住友銀行のホームページからカードローンの申し込みを行い、カードの受け取りをローン契約機で行う方法です。
先にホームページから審査申し込みを終わらせておき、後はカードを受け取りATMからお金を借り入れるだけの状態にしておきましょう。
早めに審査を申し込み、審査結果の電話がかけられて審査に通ったならその後在籍確認となります。

口座を持っていればさらにスムーズに融資を受けられる

三井住友銀行カードローンに申し込み、ローンカードを発行するとどうしても時間と手間がかかります。三井住友銀行のローン契約機、またはプロミスの契約機を操作するストレスがあります。
しかしすでに三井住友銀行の普通預金口座を持っており、三井住友銀行のキャッシュカードをお持ちの方ならば、審査通過後お持ちのキャッシュカードでお金を借り入れることが可能です。

三井住友銀行カードローンの限度額は優秀か?

カードローンを利用する際一番気になるのはやはり「金利」。金利が高いか低いかで、その後の返済がスムーズに進むか否か決まります。
そしてもう一つの大事な要素が、カードローンの限度額。限度額設定が低いカードローンを利用すると、その借り入れがあなたの借り入れ目的を果たすことができないかもしれません。
三井住友銀行カードローンの限度額設定は、ユーザーのお眼鏡にかなうほどのものなのか?調べてみましょう。

他2社の都市銀行カードローンと比較

他2つの都市銀行カードローンと、限度額を比較してみましょう。

三井住友銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行
10~800万円 10~800万円 500万円

3社の都市銀行カードローンで限度額を否定してみると、三井住友銀行は、みずほ銀行と同じ「上限800万円」の限度額を設定しています。これだけ限度額設定に余裕があれば、多額の借入にも対応できますね。

三井住友銀行カードローンを利用した方の口コミ・評判

職業:サラリーマン・OL 性別:男 毎月の収入:30 ~ 35万円 年齢:31
ロードバイクを妻に内緒で購入したのですが、ちょっと使い込むとバレてしまいそうだったので三井住友銀行カードローンでお金を借りて事なきを得ました。
低金利なので、少しずつ返済する予定でも安心して借りられるという理由から決めました。
あとメインバンクが三井住友銀行だったということもありますが、どうやらココの口座がなくても審査を受けることができるようなので、これから借り入れをしようと考えている方にオススメしたいと思いました。

 

職業:看護系 性別:女 毎月の収入:20 ~ 25万円 年齢:25
ついこの間、デ○ズニーに行ってきたんですけど、グッズを買ったりホテルに泊まったり、あと交通費でだいぶ貯金を使ってしまって。年甲斐もなくはしゃいでその時は楽しかったのですが、予想外の出費で生活費がピンチになったときに三井住友銀行で見かけたのがこのカードローンでした。
「今月だけ!」と思って5万円で申し込んだら、1時間しないうちに審査結果が返ってきたのでびっくりしました。
銀行なのに対応が早くて使いやすいですよ。

 

職業:プログラマ 性別:男 毎月の収入:25 ~ 30万円 年齢:27
今年7月に限度額50万円で申し込みをしました。
私用でまとまった資金が必要になったので昔から利用していて信用できる三井住友銀行でキャッシングをしました。
職業柄、キャッシングやカードローンにはある程度の知識があり、以前アコムで借り入れをしたことがありますが、審査は同じくらいの早さに感じました。
銀行なので信用できますし、なにより金利が低いので、まとまったお金を借りてもあまり利息が取られないというのが個人的には嬉しかったですね。

 

職業:土木・建築系 性別:男 毎月の収入:30 ~ 35万円 年齢:38
あまり他人には話したくないことがきっかけで銀行からお金を借りることに決めました。
事業所の近くに三井住友銀行の支店があるので、そこから出ているカードローンに申し込みをして30万円借りました。
銀行なので対応は遅いに違いないというところまで考えて申し込みをしたのですが、翌日には審査結果の連絡がきたのには少し感動しました。
銀行のATMなら取引手数料が無料なので、少しずつ返済しても手数料が気にならないのは良いところだと思います。

 

職業:サラリーマン・OL 性別:女 毎月の収入:20 ~ 25万円 年齢:23
今年の春から東京に上京して、現在は一人暮らしの新社会人やってます。
一人部屋のインテリアにこだわりはじめてしまったり、同期との飲み会が頻繁にあったりで、貯金がなくなってしまって;;
お金を借りるにしても消費者金融はちょっと怖かったので、せめて銀行からと思って三井住友銀行カードローンに申し込みをさせていただきました。
審査でわかんないことがあって電話したときのオペレーターさんがとても親切に教えてくれて、とても助かりました!