三井住友銀行と横浜銀行のカードローン

  公開日:   最終更新日:

三井住友銀行は誰しもが知っている大手銀行です。この銀行の名前を一度も聞いたことがないという人はいないでしょう。この三井住友銀行と横浜銀行のカードローンを今回は比較してみたいと思います。「なぜ横浜銀行なの?」と思うかもしれませんが、横浜銀行は地方銀行の中で最も勢いがある銀行です。この両行を比較すると大手銀行と地方銀行の差をよく理解できるはずです。
しかり比較する理由はそれだけではありません。横浜銀行と三井住友銀行は、新しい資産運用会社を共同設立するなど連携を深めています。この業務提携の裏には、より両行は個人向け投資商品に力を入れていくつもりではないかと、私は思います。
横浜銀行は顧客のソリューション提供に力を入れてきました。三井住友もさらなる顧客獲得の為に、横浜銀行と連携しようと考えたのです。横浜銀行も三井住友と連携することにより、さらなる事業拡大を狙っているのでしょう。


三井住友銀行のカードローン

三井住友カードローンは、金利が4.0パーセント~14.5パーセント、限度額800万円、審査時間は最短で30分。これが基本的な情報になります。やはり銀行だけあって低金利です。限度額もみずほ銀行には及ばないものの、かなりの高金額設定ではないでしょうか。おまとめローンにも適していますね。
そしてなんといっても、この審査時間の早さです。他の銀行よりも審査スピードという点だけではもしかしたら、一番かもしれません。急な出費にも対応している銀行はなかなか珍しいですね。
まとめると、三井住友カードローンは最短融資、低金利、おまとめローン。利用する時にこれらの希望が一つでもあれば、是非とも利用したいですね。


横浜銀行

横浜銀行は、金利1,9パーセント~14,6パーセント、限度額1000万円、収入証明書が300万円までは不要。これかが基本的な情報になります。三井住友銀行と比較してみるとどうでしょうか。まず横浜銀行の最低金利の低さに目が行くかもしれません。しかしこの1,9パーセントという数字は限度額一杯の利用、継続的な利用。この二つの条件を満たしていないと厳しいでしょう。つまり平均的に見ると、金利は三井住友と大きく変わりません。横浜銀行が三井住友よりも優れている点は、限度額くらいです。しかし三井住友の限度額も決して低いわけではないので、そこまでメリットは感じられないかもしれませんね。横浜銀行も一応、即日融資に対応しているとありますが、具体的な数字は記されていません。
まとめると、すぐにカードローンを利用したい人は三井住友銀行。800万円以上の限度額が欲しいという方は横浜銀行。このような考えで良いと思います。
しかしこの比較で、大手銀行と地方銀行のカードローンに大きな違いがないと分かっていただけたと思います。