三井住友銀行カードローンの審査基準は?審査通過の秘訣はないか?

更新日:


三井住友銀行カードローンでお金を借りたいと思ったあなたの前に立ちはだかるのが、「審査」です。

この三井住友銀行カードローン審査にて、審査基準を満たした時はじめて、三井住友銀行カードローンが利用可能な状態となるのです。

三井住友銀行カードローンでお金を借りたいなら、三井住友銀行カードローンの審査について、詳しく理解しておく必要がありますね…。

それでは今回は、私と一緒に「三井住友銀行カードローンの審査」について様々な観点から調べていくことにしましょう。

まずは、三井住友銀行カードローン審査の基準から。

三井住友銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

三井住友銀行カードローンの審査難易度ですがこれは意外な事に銀行系商品の中では至って低めだと言われています。

何故なら三井住友銀行は前述のように他社銀行ほど大々的なメディア露出を行っていない為申込数自体がそう多くないからです。

銀行は貸金業務の他に預金業務や為替業務などがあるのでお金を貸す人間はかなり慎重に選びますし、他の業務に影響が無いよう極力リスクを避けるきらいがあります。

その為申し込み数が増えると本当に返済能力の高い低リスクの人間を選りすぐってカードローンの利用を許可します。

しかし三井住友銀行は打つ広告数を制限しカードローンの申込者数をある程度コントロールしている為倍率が一定に保持され他の銀行では審査に落ちるような方でも審査に受かりやすいというわけです。

審査方法の沿革

また三井住友銀行のカードローンには全体的な利用希望者数以外にもう一つ審査が早い理由があります。

それが三井住友銀行の完全子会社であるSMBCコンシューマーファイナンス、通称SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の存在です。

元々三井住友銀行のカードローンは他の銀行系カードローンのように難易度が高めで時間のかかる審査を行っていました。

しかし小額から気軽に借りられて審査も甘い消費者金融系カードローンが普及するにつれ、次第に三井住友銀行カードローンの申込者数も減退してきました。

…このままではいけないと思った三井住友銀行はそこでプロミスの完全子会社化を決意しました。

三井住友銀行はプロミスを子会社化する事で三井住友銀行カードローンの保証会社をSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に委託する事にしました。

これはつまり審査の大部分をプロミスに委託するという事でありこれにより三井住友銀行は銀行系らしからぬ手早い審査を行います。

しかしこれは裏を返せば三井住友銀行のカードローンは消費者金融(プロミス)と同等の審査を行っているという事、消費者金融と同等の審査を行っているという事は、他の銀行系カードローンに比べ努力次第で審査通過が可能になります。

三井住友銀行カードローンと審査基準

なお審査基準に関しては他の消費者金融や銀行カードローンと概ね同じです。

具体的には「年収」「勤続年数」「雇用形態」「今現在ある他社からの借り入れ」といった項目から見る「返済能力」、信用機関に問い合わせる事で過去にクレジットカードや公共料金の滞納や未払いがないか、また民事再生や自己破産の記録がないかから判断できる「信用情報」の二つが審査の主な基準となります。

また他にも借家や持ち家か、既婚か未婚かといった「財産資産以外の資産の有無」、きちんと誠実に借りたお金の返済を行ってくれそうな「人相」かどうかも密かに見られていると言います。

ただ例えば「勤続年数が半年にも満たない方」や「既に4社以上から借り入れのある方」、「申込情報に嘘の記載がある方」や「信用情報に致命的な記録がある方」などはいくら審査が比較的易しいとされる三井住友銀行カードローンであっても審査通過は難しいと言います。

希望借入額が低いと審査難易度が下がる

希望借入額で三井住友銀行カードローン審査の難易度は変わります。

具体的には希望融資額が30万円以下の場合、三井住友銀行カードローンの審査は基準を更に引き下げることができるとされています。

その為まずは30万円以下の希望融資額で申込その後少しずつ増額申請を行うのが良いでしょう。

専業主婦がお金を借りることはできない

三井住友銀行カードローンは、専業主婦の借り入れに対応していません。

専業主婦は三井住友銀行カードローンの審査に通るか?という話ではなく、そもそも専業主婦の借り入れに対応していないのです。

三井住友銀行カードローンのように、基本的には「専業主婦が利用可能」でも、銀行の方針で専業主婦の借り入れが不可能だという銀行カードローンは少なくないです。

専業主婦の方がカードローンでの借り入れを希望した時は、銀行カードローンの中でも「専業主婦が借入可能」な銀行カードローンへ申し込むようにしてください。

銀行カードローンは収入のない専業主婦でも利用可能

三井住友銀行カードローンの審査に落ちたら考えるべきこと

当然ですが、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまう人も多いです。

三井住友銀行の「審査通過率」は公表されていないものの、おそらく審査に通っているのは、申し込んだ人の3割から4割ほどの人ではないかと思っています。

そんな、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまった時考えておくべきことを紹介します。

自分の働き方は問題ないか

収入や勤続形態など、申し込んだ人の仕事に関する情報は、三井住友銀行カードローンの審査において重要です。

収入や勤続形態は、そのまま本人の「支払能力」に関係する情報なので、審査に落ちたらこの情報をもう一度見直してみる必要がありそうです。

クレジットカードの利用で問題を起こしてないか

三井住友銀行カードローンの審査は「キャッシング審査」ですが、キャッシング審査において「クレジットカード利用履歴」は重要です。

クレジットカードの支払いが滞った記録が多数残っていた場合、その信用情報を審査した三井住友銀行において、審査に大きくマイナスとなってしまいます。

審査に落ちてしまったなら、自分のクレジットカード利用履歴に問題ないか見直して見てください。

CICへの「信用情報開示」も有効ですよ。

クレジットカード利用履歴がまったく無いのも、実は審査に不利となってしまいます。

これが原因で三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまう材料になるほどではありませんが、「クレジットカード利用履歴が真っ白」なのも、「返済能力が低い」とみられる材料として扱われてしまいます。

申込みで嘘をついていないか?

申込みにおいて、「嘘をつく」のはもってのほかです。

申込時審査に有利になるようにと、年収の情報などを多少水増しして申し込む程度なら良いですが、もっと悪質な嘘は審査でバレて審査落ちの原因となってしまいます。

「アルバイトなのに正社員として申し込む」という雇用形態に関する嘘や、「働いていない職場の情報で申し込む」など、職場の情報も審査に落ちる原因となってしまうことでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちたあなたは、「自分は正直な情報で申込みを行ったか?」もう一度考え直してみましょう。

三井住友銀行カードローンの保証会社が行う審査はスムーズ

三井住友銀行カードローンの審査を行うのは、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となったことで、カードローン審査時間が短くなりました。

銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融であることが多いです。

消費者金融カードローンの審査基準を知りたい方は、「「消費者金融の審査に落ちた…」審査に落ちた理由は?どこの審査が甘い?」を参考にしてください。

三井住友銀行からお金を借りるために必要な条件

三井住友銀行からお金を借りるために必要な条件を洗い出してみましょう。

最低限必要なのはやはり「安定した収入」です。

その収入源がたとえ「アルバイト収入」だったとしても、まったく収入のない人は、三井住友銀行カードローンでお金を借りることはできません。

そして、ある意味収入より重要なのが「信用情報に残った記録」です。

信用情報とは、信用情報機関という専門機関に集められた、「個人のお金にまつわる記録」の総称です。

三井住友銀行カードローンでお金を借りる際に妨げになるのは「信用情報に残った金融トラブル」なのです。

田や借り入れが多くないか

三井住友銀行カードローンの審査やその他キャッシング審査で重要なのが、「他社借入記録」です。

他キャッシングでお金を借りていればいるほど、返済能力が低いと見られてしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

三井住友銀行カードローンの審査に通り、無事お金を借りるためには、少しでも他社借入を少なくしておくことが大切です。

三井住友銀行カードローン審査の流れ

三井住友銀行カードローン審査では、まず申込情報の審査が行われ、ほとんど同時に利用者の信用情報審査が行われます。

その後在籍確認の電話があった後本審査完了となります。

後はその後契約機を利用してカードを受け取るだけで良いのです。

SMBCダイレクトにログインしての申し込みならば今持っているキャッシュカードを使ってそのままお金を借り入れることができます。

審査の最後にある在籍確認について

どんな消費者金融も銀行も、基本的にカードローンへ申し込んだ後審査の最後に在籍確認の電話があります。

この在籍確認をもって審査を終わりとします。

三井住友銀行カードローンの在籍確認は「三井住友海上」からの電話となり、三井住友銀行カードローンを利用しているということがわかりにくいです。

在籍確認の要望にかなり応えてくれる

三井住友銀行カードローンの審査で行う在籍確認は、かなりこちらの要望に応えてくれます。

まず、そもそも在籍確認をかけてほしくないという方も多いでしょう。

在籍確認が行われるとしても、電話をかける時間帯から電話をかける社員の性別の指定も可能です。

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンの中でもかなり在籍確認に対して柔軟であると言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンでお金を借りることができるかどうか、実際に審査を申し込んでみた感想

年収が300万円に満たない私が三井住友銀行カードローンに実際に申し込んでみました。

一応正社員として働いてはいるものの、こんな年収で審査に通るのか…と心配でしたが、無事審査に通りました。

やはりカードローンの審査において重要なのは、年収をどれだけもらっているかではなく、雇用形態や勤続年数など、どれだけ収入が安定しているかということだなと実感しました。

この金利の低さで利用しやすい審査難易度

一般的には低金利で条件の良いキャッシングは審査が厳しいとされています。

ところが三井住友銀行カードローンは比較的時間のかからないものとなっています。

審査に通るか不安な方も、すぐに審査結果を受け取ることができるため、三井住友銀行カードローンに申し込んでみてはいかかがでしょう。

50万円以上お金を借りるには収入証明書が必要

三井住友銀行カードローンからお金を借りる際に、50万円までの借入には自身の収入を証明する必要はありません。

ですがおまとめローンとして利用するために50万円以上お金を借入れるためには、契約の際自分の収入を証明するために収入証明書を提出する必要があります。

収入証明書とは、直近でもらった収入証明書や源泉徴収票、確定申告書がそれにあたります。

現在の借入額合計が50万円を超えてしまいそうなら、あらかじめ準備しておくことを忘れないようにしてください。

三井住友銀行内にある「ローン契約機」で審査申込みがおすすめ

三井住友銀行は銀行カードローンには珍しい、自動契約機に対応しています。

三井住友銀行の独自に容易しているのが「ローン契約機」です。

ローン契約機は大手消費者金融の自動契約機と同じく、契約機を使えばその場でローンカード発行が可能です。

申込みから契約、そしてその後の借入れまでの流れが一番スムーズなのはこのローン契約機を使った申込みです。

先にネットから審査を申し込んでおき、ローン契約機はカード発行のみに使うなんてことも可能です。

上手に活用してください。

外から見えない仕組みになっているローン契約機、抵抗を感じることなく利用できます。

ローン契約機を使えばプロミスのカードローン契約も可能な優れものです。

三井住友銀行カードローンの審査に落ちないためには

三井住友銀行カードローン審査に通るために、あらかじめ審査通過率を上げるための審査対策を行っておきましょう。

申込み情報を正確に

三井住友銀行カードローンに申し込む際、正確な情報を申し込むのが大切です。実際の情報とのズレがあった場合、審査に落ちる原因となります。

審査でついた嘘を、三井住友銀行は簡単に見抜きます。審査でついた嘘について、「カードローンの審査時についた嘘はバレる?」でも説明しています。

申込時に自分の情報を入力させるのは、どれだけ正直な情報で申し込むか、という信用度を測るという意味もあるのです。

借入件数、借入金額を少なくしておく

他社借入れ件数と借入金額が多い状態では、審査に不利な信用情報となってしまいます。
繰り上げ返済や一括返済を行って、少しでもクリーンな信用情報を作っておきましょう。

審査に強い情報を持っておく

審査で有利に働く情報をたくさん持っておくのも有効です。例えばクレジットカードヒストリー、通称「クレヒス」が強いと、カードローンの審査で有利です。

または、これから作るのは難しいですが、過去の2,3度のキャッシング履歴も、しっかりと返済能力があると見られるので審査で有利です。

三井住友銀行カードローンの審査に再び申し込む際は時間を空けて

一度三井住友銀行カードローンの審査に落ちた状態で、再び審査を受け直す際にはある程度の時間を空ける必要があります。

できれば、三井住友銀行カードローンではなく、もっと別のカードローンへ申し込むべきです。ですが、どうしても三井住友銀行カードローンを利用したいならば、数カ月後再び申込みを行ってください。

その際には、あらかじめ審査対策をしておくのも忘れずに。