三井住友銀行はその支援の輪を大きく広げている

  公開日:   最終更新日:

三井住友銀行のカードローンは事業主にあてたのではない、個人融資です。
個人向けのカードローンといえば一昔前までなら消費者金融のものだというイメージが強かったのですが、最近は消費者金融単体では経営を進めるのが難しくなり、最近ではアイフルをのぞいたほとんどの大手消費者金融が銀行の傘下に収まりその経営難を逃れています。
銀行傘下で消費者金融が経営を進めることで、三井住友銀行カードローンのカードローンにおける審査や融資など、キャッシング業務の大部分に影響が及んでいます。
やはりカードローン業務に関する経営ノウハウは消費者金融がより長く、多く蓄えてきたもの。それを三井住友銀行がプロミスを子会社化することで吸い上げた形になります。


三井住友銀行がプロミスを子会社にすることで出てくる影響

銀行カードローンにはその借り入れに補償がつくことになります。万が一銀行からの借り入れたお金の返済が滞ると、そのお金を消費者金融からの借り入れが補償するのです。
三井住友銀行からの借り入れを補償するのはもちろんプロミス。銀行傘下に消費者金融があると、グループ内の消費者金融で補償をまかせることができ、トラブルや収益をグループ内ですべて取り入れることができるだけでなく、審査業務もプロミスに委託しています。
これによって何が起こったかと言うと、銀行カードローンでは珍しかった即日融資に柔軟な対応が可能になったのです。
プロミスを買収することにより三井住友銀行は、過去の不良債権などの多くのデータと消費者金融の審査ノウハウを手に入れたことにより、早い審査と融資が可能になったということですね。
三井住友といえばもう一つ有名なのが三井住友VISAカード。三井住友銀行はVISAカードとカードローン事業に力を入れており、それらいずれの業務も好調です。


混迷を来すカードローン業界

独立して経営を進めている消費者金融はアイフルだけで、そのアイフルも過去に何度も経営危機に陥っていることからも、いかにキャッシング業界は競争がし烈なのか、そして利用者側からしても利用するカードローンを比較することがむずかしいのかわかるはずです。
アコムやモビットなど、名前の知れた消費者金融は軒並み銀行傘下に下っています。
実際に借入れるまえに、それらの条件をしっかり確認しておくことだけが、あなたのキャッシングを成功させるカギです。
特に三井住友銀行はプロミスだけでなくモビット、そしてクレジットカード会社として有名なセディナの経営支援を行っているなど大きく手を広げていることがわかるはずです。