三井住友銀行の扱う個人融資ローンについて

  公開日:   最終更新日:

三井住友銀行くらいのメガバンクとなると、ビジネスローンやその他法人向け融資を当然多く備えています。

しかし、同じくらい、カードローンなどの「個人融資のローン」も豊富です。今回は、三井住友銀行の扱う「個人融資」について、深く掘り下げていきたいと思います。三井住友の個人向け融資にはどんな種類があるのか? 個人融資を受ける際の注意点は?
個人融資

個人融資と個人間融資は違う

主にネット上ではびこっている言葉に、「個人間融資」というものがあります。ここで差す個人間融資は、銀行や消費者金融と個人でのお金のやり取りではありません。一般人同士、個人と個人のお金のやり取りこそ、個人間融資です。

ネットなどでお金を貸してくれる人を募って、手渡し、または振込でお金の貸し借りを行います。一般の業者や銀行の審査に通らない人が、個人間なら審査の必要がないとして、個人間融資を利用するのです。

個人間融資は詐欺の温床

個人同士でやるお金のやり取りですから、ここにはトラブルが多いです。個人間融資で、お金を貸してくれるのが実は「闇金」なんていうのは日常茶飯事。お金を貸す代わりに、どこかのサービスへ登録させられたり、お金を貸してくれた人に個人情報を悪用されるなんてケースも聞きます。

個人間融資ははっきり言って「危険」です。利用しないほうが安全でしょう。

三井住友銀行の扱う個人融資

三井住友銀行の個人情報を羅列してみましょう。今回説明する以外にも、三井住友銀行は他にも個人間融のローンを扱っています。

また、三井住友銀行意外の銀行、消費者金融も個人融資を扱っています。また、国から個人融資を受けられる制度もあります。必要ならそちらも調べてみてください。

カードローン

「銀行から受ける個人融資」と言えば、この「銀行カードローン」です。三井住友銀行カードローンは、他の銀行カードローンと比べても優秀な設定が組まれています。

なんといっても、銀行内の「ローン契約機」でカードローン契約を結べば、その場で借入カードを発行可能なのはうれしいです。このカードローン契約に便利な「無人契約機」を用意している銀行は、この三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行だけです。

フリーローン

フリーローンも、カードローンと同じく、借り入れたお金を自由に使える便利な個人融資のローン。24時間いつでもインターネットから申込み可能、早い時間帯の申込みならば、その日のうちに審査結果が届く「即日審査」も可能です。

もちろん、この「インターネット申込み」は、スマートフォンからも可能となっています。もっと直接申込み、借り入れの手応えを感じたい方は、「ローン契約機」からフリーローン申込みがおすすめです。

マイカーローン

車関連の様々な用途のお金を借り入れることができるのが、この「マイカーローン」です。マイカー購入資金から、自動車のメンテナンス費用、運転免許証の取得資金までこのマイカーローンで借り入れたお金を利用可能です。

マイカーローンで借り入れるお金は、高額になるケースが多いですが、三井住友銀行のマイカーローンは「即日審査」に対応しているのが大きなメリットです。さらに、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が保証会社となるため、「無担保」「無保証人」で借り入れ可能です。

アパートローン

アパートローンで借り入れることができるのは、アパート・マンションを購入する資金、または、リフォーム資金です。

アパートローンの借り入れ条件として、
お借り入れ時満20歳以上の個人の方とありますが、あわせて
実質個人とみなされる不動産管理会社でのお借り入れも可能です。対象となる不動産管理会社については当行所定の条件がございます。
という記載もあるため、個人融資でありながら、法人融資の側面もあるのです。カードローン、フリーローンと違い、借り入れに「担保」と「保証人」が必要となるので注意が必要です。

無担保の個人融資は家族にバレにくい

個人融資の多くは、借り入れに保証人も担保も必要ありません。それゆえ、家族や友人に内緒でお金の借り入れが可能なのです。

銀行からの個人融資だったとしても、多くの人は「こっそり内緒でお金を借りたい」と思うはず。借入時に担保と保証人が必要なのか。事前にしっかり調べておきましょう。

まとめ

三井住友銀行の個人融資ローンについて説明しました。ネット上には「個人間融資」にまつわる情報が出回っているため、銀行からの個人融資に関する情報を集めるのは難しいです。しかし個人融資と個人間融資はまったくの別物なので、しっかり注意しておきましょう。

三井住友銀行の「個人融資ローン」の種類は多いです。中でも人気なのはやはり、三井住友銀行の「カードローン」でしょうか。

興味のある方は、別の銀行からの個人融資、国からの個人融資制度について調べてみるのもいいかもしれません。