三井住友銀行における信用情報の重要性について

公開日: 最終更新日:

これから三井住友銀行のカードローンに申込みをしようとする際にふと頭をよぎる自分の過去の借り入れ。もし自分が昔借り入れをして返済が遅れてしまっていたりしたら自分の信用情報には何かしらの影響があるはずです。
今回はそんな三井住友銀行カードローンの審査に挑む前に知っておきたい信用情報についてお話致します。


<信用情報と三井住友銀行の関係について>

銀行や消費者金融などの貸金業を営む金融機関は自身の機関に契約したい方からの申込みがあった場合、契約者の申込書と信用情報の確認に入ります。申込書の内容に不備がないか・誤字脱字などの細かい部分までチェックした後に信用情報を見に行きます。見に行くと言っても物理的に管理者が足で歩いて見に行く訳ではなく信用情報を一括で管理している機関に依頼して情報を開示してもらうのです。その信用情報は各管理会社が個人情報として管理しており過去の借り入れ状況などと詳しく保存しています。(->融資を受けるための条件)その信用情報は常に更新されており新しい借り入れの申込みをするとその申込みの履歴が必ず信用情報に反映されるのです。ここが複数の金融機関に一度に借り入れの申込みをするなという由来で、実は金融機関は申込みをしているという情報を共有するため、申込者が複数の金融機関に借入申込みをしているという事実を知るとこの人はお金に困っているからどんどんお金を借りることになるかもしれないという考えに行きついてしまうのです。そうなると審議に通り辛いという状況を自分で作ってしまうことになります。複数の金融機関への申し込みはなるべく避け申し込み後三ヶ月は明けてから再度別の金融機関に申し込みをするようにしましょう。


<自分の情報を確認する術はあるのか>

このような信用情報が何故必要なのかと言うと過去に申込者がどのようなお金の借り方をしたのかを知った上で契約をしないことには三井住友銀行側の不安になる訳です。お金を貸しても返済せずにそのまま債務整理など自己破産をされてしまうと銀行が貸損となってしまうからです。このような信用情報の内容については個人で確認することは出来ませんが過去に借り入れをした際には利用明細が残っているためその内容を確認することと自分が返済をどのように行っていたかという記憶を頼るしかありません。
ですがもし万が一過去の借り入れで何等かの形で失敗をしていたとしてもその情報は数年単位でしか保存されないのでそんなに厳しく考えず三井住友銀行に申込みをしてみることをおすすめします。