他社借り入れがある状態で三井住友銀行カードローンの審査に通る?

  公開日:   最終更新日:

三井住友銀行カードローンを利用してお金を借り入れるには、三井住友銀行カードローンの審査に通らなければなりません。

三井住友銀行カードローンの審査基順は、以前と比べ若干柔軟になったとは言え、それでも不安要素は多いもの。特に審査結果が心配となるのが、「他社借り入れがある状態で、三井住友銀行カードローンの審査に通るのか?」という、他社借り入れと三井住友銀行カードローン審査の関係。

果たして他社借り入れ記録は、三井住友銀行カードローンの審査結果にどれほど影響が出るのでしょうか。

他社借り入れは「信用情報」の審査でバレバレ

審査を受けた人が、現在どこからどれくらいのお金を借りているのか。その情報は、信用情報機関に集まっている記録、「信用情報」にすべて記載されています。
信用情報に残るのは、他社借り入れの記録だけではありません。現在どのクレジットカードやキャッシングに申込んでいるのか。どこと契約を結んでいるのかなど、お金にまつわる情報が様々載っています。
銀行も消費者金融も、審査で必ずこの「信用情報」を参照します。

審査申込みで嘘をついてもダメ

カードローンに申し込む際には、現在の他社キャッシングの利用状況を申し出る欄があります。現在何件から、いくらほど借り入れているのか。それを入力する必要があるのです。
上記したように信用情報の審査で、「他社借り入れ」の記録は筒抜け。この他社借り入れ情報の申し入れで嘘をついても無駄だということ。
ではなぜそんな情報を入力させるのか?それは、銀行や消費者金融側が「現在の借り入れに自覚的かどうか」調べるためです。「今現在いくら借りているのか」しっかり確かめるために、この「他社借り入れ記録」を入力させるのです。
当然、他社借り入れ記録に誤りがあり、他社借り入れに無自覚だと、審査で不利となってしまいます。

他社借り入れ金額、他社借り入れ件数が多いほど審査で不利

さて、信用情報の審査で他社借り入れ状況がすべてバレてしまうのはお伝えした通り。
そしてその「他社借り入れ状況」は、審査結果に大きな影響を及ぼします。具体的に言うと、他社借り入れ金額が多ければ多いほど、そして他社借り入れ件数が多ければ多いほど、「返済能力が低い」と見られてしまい審査で不利です。
多方面の返済を同時に行っている人の返済能力が、高いわけないですよね。なるべく他社借り入れ情報の少ない人が、三井住友銀行カードローンなどのキャッシング審査で有利となります。

三井住友銀行カードローンは「総量規制対象外」

他社借り入れ情報がより重要になるのが、消費者金融カードローンなど「総量規制の対象となるキャッシング」です。貸金業法にある総量規制の影響を受けると、年収の3分の1以上のお金を借り入れることができなくなります。
ところが、三井住友銀行は「総量規制の対象外」。三井住友銀行カードローンからの借り入れならば、年収の金額に関係ない借り入れが可能となります。総量規制の対象かそうでないか、それは他社借り入れがある状態の審査で大きく関係します。

他社借り入れがあるだけでは審査に落ちない

三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象外であることもあり、「他社借り入れがある」というだけで審査に落とされるようなことはありません。

数万円、数件の借り入れがある程度では、審査結果に影響は出ません。もっと派手な借り入れ、5件以上から、百万円を超える借り入れなどが、審査結果に影響の出る他社借り入れ記録です。

他社借り入れがある状態で三井住友銀行カードローンの審査に通るには

ではどうすれば他社借り入れ記録が信用情報に残っている状態で、三井住友銀行カードローンの審査に通るか、三井住友銀行カードローンの審査に通るための審査対策を見ていきましょう。

他社借り入れを減らしておく

当たり前と感じる方もおられるかもしれませんが、「他社借り入れを減らしておく」のは有効な審査対策です。
月々の約定返済額以上の返済を、予定を繰り上げて行っておくことで、三井住友銀行カードローンの審査できちんと返済能力を認めてもらうことができるはずです。

おまとめローンでキャッシングを一本化しておく

他社借り入れを一本化できる「おまとめローン」を利用することで、他社借り入れがある状態でも、再び審査に有利な状況を作ることができます。
おまとめローンで他社借り入れを一本にまとめれば、借入件数が一気に「1件」となります。あとは他社借入金額さえ問題なければ、問題なく三井住友銀行カードローンの審査に通るはずです。
他社の銀行カードローンでキャッシングを一本にまとめても良いですし、消費者金融のおまとめローンなら即日融資に対応しており、即日キャッシング一本化に対応しているところもあるくらいです。

おまとめローンで審査基準の手応えを掴んでおく

他社借り入れがある状態で、果たして三井住友銀行カードローンの審査に通るかどうか。
その手応えを確かめるために、「お試し診断」を受けておくことも大切です。
三井住友銀行カードローンの公式サイト上には「お試し診断」が無いものの、三井住友銀行カードローンの保証会社である「プロミス」の公式サイトには「お試し診断」があります。
三井住友銀行カードローンに申し込む前に、この「プロミスのお試し診断」を先に受けておくことをおすすめします。プロミスのお試し診断で「融資可能」という認定を受けておけば、その後の本審査にも自信が出るのではないでしょうか。

まとめ

他社借り入れがある状態では、三井住友銀行カードローンの審査で不利となります。

たとえ三井住友銀行カードローンへ申し込む際に、「他社借り入れなし」と嘘をついても、個人で記録されている「信用情報」をみれば他社借り入れ記録は筒抜けです。申し込む際は正直に申込みましょう。
もし、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまい、その審査落ちの理由が「他社借り入れ」だと感じるなら、もっと基準の優しいカードローン審査を受け直す必要があるかもしれません。