横浜銀行カードローンの審査基準、審査時間

公開日:

書類を見て悩む男性
地方銀行の中でもっとも大きな規模で経営している「横浜銀行」。

その、横浜銀行が運営するカードローン「横浜銀行カードローン」は、中々優秀な設定が組まれたカードローンで、多くの利用者を満足させる設定が組まれています。

利用可能地域に制限がかかっているものの、優秀な設定が組まれた銀行カードローンです。

なんとか横浜銀行カードローン審査に通り、横浜銀行カードローンを使ってお金の借り入れを行うためにも、横浜銀行カードローンの審査について詳しく調べてみましょう。

横浜銀行カードローンの審査基準

まずは、横浜銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか?その審査基準から調べていきましょう。

…とはいえ、ここで言うのはあくまで私の推測の範疇を出ません。詳細な横浜銀行カードローン審査基準は、横浜銀行内部の人間にしかわからないのが実際のところなのです。

横浜銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

果たして、横浜銀行カードローンの審査基準は甘いといっていいのか、はたまた厳しいのか。

実際のところ、横浜銀行カードローンの審査基準は、「甘いとも厳しいとも言えない」のが実際のところです。アルバイトでも、派遣社員だろうと、専業主婦だろうと審査に通す柔軟さはありますが、審査基準としては「消費者金融の方が甘い」のが実際のところです。

消費者金融のカードローン審査はより、「年収が低い」「過去のキャッシングでトラブルを起こしている」人でも、審査に通ることが多いです。

過去横浜銀行カードローン審査に通った人の傾向を見ると、横浜銀行カードローンの審査は銀行カードローンの中でも際立って厳しくも無さそうですが…。

保証会社はSMBCコンシューマファイナンス

銀行カードローンの審査を実際に行うのは「保証会社」です。

横浜銀行カードローンで設定されている保証会社はSMBCコンシューマファイナンス。プロミスを運営している、三井住友銀行の親会社です。

SMBCコンシューマファイナンスの審査基準も、あまり甘すぎず厳しすぎない設定です。消費者金融のカードローンの中でも、もっと厳しい消費者金融があれば、甘い消費者金融もあります。

ちなみにプロミスの審査は、大手消費者金融3社(プロミス、アコム、アイフル)のなかで、もっとも厳しいです。

横浜銀行カードローンは即日審査に対応している?

横浜銀カードローンの公式サイトを覗いてみると、「最短即日審査対応」と記述されています。

しかし、実際に申し込んでみると、審査結果が出るまでにかかる時間は「2日以上」であることが多いです。

審査時間に2営業日ほどかかることも覚悟して

横浜銀行カードローンの審査は、申込情報のかんたんな審査「仮審査」と、信用情報や書類の審査を行う「本審査」に分かれています。横浜銀行カードローンは、どういったシステムで審査が行われているのかわかりませんが、実際に審査結果を受け取るまでに少なくとも1日以上かかることを覚悟しておくべきでしょう。

横浜銀行カードローンの審査に落ちた時考えられる理由

では、横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまっているとしたら。その審査落ちには必ず理由があります。

明確な審査落ちの理由を言い当てることはできませんが、カードローンの審査落ちの理由は、だいたい同じ理由に帰結します。具体的にその理由をみていきましょう。

属性が不安定だった

主に横浜銀行カードローン審査の「仮審査」で見られるのがこの「属性」です。

属性の審査では、主に申し込んだ人の「生活」をみます。どの会社に勤めているのか。年収はいくらなのか。住んでいる家はどんな家か。

これらの基準をスコアで表して、最終的に合計したスコアが横浜銀行の定めた審査基準をクリアした時、属性の審査クリアとなります。

収入が不安定だった

年収、収入の分野は、当然重要な属性の審査基準となります。

年収の審査で重要なのは、「いくらもらっているか」ではなく、「収入が定期的で安定しているか」です。

毎月途切れない収入をもらっていれば、毎月の返済にも苦労しません。つまり、それだけ返済能力があるということです。たとえ、その収入がアルバイトの収入だったとしても。

勤続年数が短い

「収入が安定敷いてる」と認められる要因が「勤続年数」です。勤続年数が長ければ、「すぐに仕事を辞めないだろう」と思われることで、収入が安定していると見られます。

逆に言うと、たとえ安定した正社員勤務でも、勤続年数が短いと横浜銀行カードローン審査では不利だということ。少なくとも、半年以上の勤続年数は欲しいです。

信用情報に問題があった

横浜銀行カードローン審査に落ちてしまう人の多くが、この信用情報に残った記録に起因しています。

信用情報とは、3つの信用情報期間、

  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • CIC

に記録されている、個人情報。

信用情報をみれば、その人が過去キャッシングなどの金融商品とどんな付き合い方をしてきたか、それがひと目でわかるのです。

過去に返済遅延は無いですか?

信用情報には、その人が過去行ったキャッシングの返済履歴が残ります。

その記録をみて「返済は期日内に行われているか」を審査します。当然、返済遅延の記録が見つかったら、横浜銀行カードローン審査に落ちやすくなります。とはいえ、よほど悪質な返済遅延を起こさないと信用情報に記録は残りません。

過去に債務整理の手続きを行ってませんか?

過去に行った債務整理の手続き、その記録も信用情報に残り、審査結果に悪影響を及ぼします。

5年以内など、直近の債務整理記録は特にあぶないです。自己破産を行った記録などは、最長で10年信用情報に残るので注意です。

債務整理を行うということは、今後キャッシングに関わらないということと同義とした方がいいですね。

他社借り入れは多すぎませんか?

現在すでに他社カードローンを利用しているなら、その記録も信用情報に残ります。

そして他社借り入れ記録が多ければ多いほど、その返済を行う分「返済能力が低い」と判断されてしまいます。つまり、横浜銀行カードローン審査に落ちやすくなるということ。

限度額増額審査を申し込んだ方がいいかも…

すでにカードローンを利用しているなら、そのカードローンの限度額を上げる方向で動いたほうが、結果的に良いかもしれません。

カードローン利用者の多くは、一社のカードローンを限度額まで借りると、別のカードローンを利用しようと思うものです。しかし、私がおすすめするのは、すでに利用している一社のカードローンの限度額を上げる方向です。

これなら、他社借り入れ額が増えず、信用情報に悪い情報が残りません。そして何より、限度額が上がることで、それと反比例して金利が下がるのも見逃せません。

横浜銀行カードローン審査における在籍確認について

横浜銀行カードローンの審査でも、審査の最終段階において「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは、お金を貸し付ける側が申し込んだ人が、申請通りの会社で働いているか確認するための電話。この在籍確認が取れない限り、横浜銀行カードローン審査に通ったとは言えません。

在籍確認では、本人が電話に出ずとも、席を外しているなど「会社に在籍している」ことが確認できた段階で終わりとなります。

横浜銀行は在籍確認を行わない場合がある

横浜銀行は、審査において在籍確認を行わない場合があります。

それは、「横浜銀行口座を給与振り込みに利用している確認が取れた場合」です。給与振込に利用しているならば、会社に在籍していることは確認するまでもありません。

在籍確認は個人名か銀行名か選べる

在籍確認において、横浜銀行が名乗る名前を選ぶことができます。

「横浜銀行ですが」あるいは、「○○(個人名)ともうしますが」の二択。

銀行から電話がかかってくるのが嫌だという人も、これで安心ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

横浜銀行カードローンの審査基準、審査にかかる時間、そして在籍確認についての説明もさせて頂きました。

横浜銀行カードローンの審査基準について詳しい内容は、横浜銀行の内部事情について精通していないとわからないのですが、外部の人間からある程度推測することは可能です。

まだ横浜銀行カードローンに申し込む前の方も、しっかりと審査対策をこらした状態で申し込みを行ってください。