横浜銀行カードローンで即日融資を受けることは可能?

公開日:

急ぐ男性

最近の銀行カードローンは優秀で、「最短即日審査」「最短即日融資」に対応したカードローンが多くなっています。

そして今日話題にする横浜銀行カードローンも、そうしたスピードキャッシングに対応した銀行カードローンの一つです。しかし、多くのカードローンがそうであるように、条件を満たさないと横浜銀行カードローンで即日融資を受けることができません。

それでは具体的にどんな条件で、横浜銀行カードローンを即日利用可能となるのか、調べてみましょう。

前提として横浜銀行カードローンは即日審査対応

即日融資を受けるためには、申し込んだ当日審査結果を受け取ることができる「即日審査」に対応している必要があります。

その点、横浜銀行カードローンは時間のかからない「即日審査」に対応しており安心です。やはりこの即日審査の決め手は保証会社がSMBCコンシューマファイナンスとなっていることでしょうか。

プロミスの親会社であるSMBCコンシューマファイナンスは、過去の審査スキームの組み立てによって、最短即日審査が可能となっているのです。

即日融資を見越した申し込みは朝イチの申し込みがおすすめ

横浜銀行カードローンで即日融資を受けるためには、かなり早い段階での審査通過が必要となります。

早い審査通過のためには、当然早い段階での審査申し込みが必要。横浜銀行カードローンのWEB申し込みには時間制限がありません。その日のうちに借り入れを行いたいと思っているなら、少しでも早い時間帯での申し込みをおすすめします。

横浜銀行から審査結果が届いてからの流れ

それではここからは、具体的に横浜銀行カードローンで即日融資を受ける流れをみていきましょう。

今日その日のうちに横浜銀行カードローンでお金を借りたいあなたは要チェックです。

横浜銀行口座がある場合

横浜銀行に口座を持っていれば、即日借り入れがとてもスムーズになります。

審査結果がメールで届いた段階で、横浜銀行から書類提出が求められます。WEBから、「本人確認書類」、また必要ならば「収入証明書」の提出を求められます。

これら書類提出が申し込んだ当日の12:00までに済んで、横浜銀行が書類の確認まで終わった段階で、横浜銀行口座へ振込が行われます。

横浜銀行口座がない場合

横浜銀行に口座を持っていない場合も、即日融資での借り入れは可能です。

しかし、口座がない場合は横浜銀行に新規口座開設の手続きを行う必要があります。横浜銀行口座開設は、実際に店舗での手続きを行うことになるため、開設そのものに「1~2時間」みておく必要があります。

そのため、開設手続きを行うタイミングがかなり重要となります。

口座がない場合の即日借り入れ方法

まず、電話から申し込みます。なぜ、電話から申し込むかというと、「今日中にお金が欲しい」という要望を伝えやすいからです。申し込みをなるべく早く終わらせて、その後審査結果を受け取ります。この審査結果は当然審査に通っていることが大前提となります。横浜銀行カードローンの審査基準について知りたい方は、「横浜銀行カードローンの審査基準、審査時間」を読んでみてください。

その後、データが送られてくる「契約書」の類を自身で印刷。その契約書を記入して、FAXで横浜銀行に送信します。これで、書類の提出じは完了です。

その段階で横浜銀行の新規口座開設が始まります。この新規口座開設が12:00までに終われば、無事口座が無い人でも即日融資でお金を借り入れることができるのです。

初回融資は即日振込で借入可能

横浜銀行カードローンは、初回融資に限り、口座へ振込融資が行われます。横浜銀行口座のみとなるものの、このサービスはかなり利便性が高いですよね。

その後1週間ほどで借り入れカードが書留で届く

2回目以降の借り入れは、申し込みで届け出た住所へ書留で送られてくるカードを使ってください。

横浜銀行カードローンを即日利用するために

横浜銀行カードローンで即日融資を受けるための心構え、おさらいしておきましょう。

いかに行動開始が早いかが決め手、口座がないならさらに早く

横浜銀行カードローンで即日融資を受けるために大切なことは、「即日融資のために、いかに早く行動を開始できるか」ということに尽きます。

横浜銀行カードローンは、最近銀行カードローンで難しくなっている「即日審査」「即日融資」に対応しているものの、かなり時間制限がシビアです。

前もって「横浜銀行カードローンから即日融資を受けるのだ」という意識で、少しでも早い申し込み、そして審査通過を行うことが必要です。

横浜銀行カードローン審査を早めるために

横浜銀行カードローンの審査を早める工夫も必要です。

他社のカードローンを同時に申し込まない

カードローンの申し込みが複数同時に行われた場合、審査に落ちやすくなると同時に、審査に落ちやすくなってしまいます。

横浜銀行カードローンで即日融資を受けたい方は、横浜銀行カードローンに絞った申し込みを行いましょう。

希望借入額を少額に

横浜銀行カードローンは申込時に「希望借入額」を申請することになります、この希望借入額は少なければ少ないほど審査に時間がかかりません。

返済リスクが高くなればなるほど審査が慎重になり時間がかかるのです。